ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談036
○仲介営業マンにとって、不動産の売却相談は嬉しいものですが・・無駄に終わることが確定している案件(客)って・・たまにあるんですよ。とりあえずいくつか例をあげると・・

○売主本人が売却が困難とわかっている物件(営業マンには内緒)・・過去に売却活動を試みたものの・・法的な問題をクリアできず、試行錯誤の結果、売却を断念した経緯がある・・のに、それを言えば真剣に相手にしてもらえないので、あえて言わず売却依頼をする・・このケース・・意外と多いんですよ。

・・で何も知らない営業マンが、一から調査して・・売却が困難である事がまた明らかになる・・で、「・・やっぱり、ダメでしたか・・」となり、「は?やっぱりって、どういう意味ですか?」と問い詰めると・・「じつは昔、売り出した事があるんですよ。」・・「は?(最初に言えよ・・)」・・で終わり・・全てが無駄に終わるケースです。

○価格査定書だけが目的の査定依頼(ぜんぜん売る気なし)・・離婚や相続・任意整理・・等の理由で、とりあえず物件の価格(相場)が知りたい・・財産分与や財産整理をする際に、どうしても必要だから、不動産屋を利用する・・査定価格を高くしてほしいとか・・価格を低くしてほしいとか・・そんな要望があると怪しいです。

○債務過多で抵当権抹消が無理なケース(売主は無知)・・たとえば、住宅ローンの残債が3000万円ある・・売れる金額は1000万円程度・・「とりあえず、いくらでもいいから売ります。残った借金は自分で払い続けます。」・・と、突っ込みどころ満載の台詞を何回聞いたことか・・これも良くあるケースと言えます。

抵当権抹消ができなければ、売買なんかできないですよ。任意売却で処理する方法もありますが・・現在、ローンが払えていて滞納もない状態なら・・銀行は、「そのまま払い続けてほしい」と考えますので、任意売却には応じません。(滞納して不良債権化すれば、解決方法の一つとして考慮はします。)

○自分の名義では無いのに、売りたがるケース・・親名義・・子供名義・・兄弟名義・・内縁関係の相手の名義・・親近者の不動産を自分の意思で売れると思っている人・・多いです。相続で紛争中の物件を相続人の一人が売り出し・・客がついたら、後から他の相続人を説得する・・なんて無謀な話もあります。ま、99%無理ですよ。

・・ま、他にもありますが、とりあえず、こんなとこかな。問題のない普通の物件でも売却には苦労がともなうし、売り出して売れない事も多いのに・・上記のような案件で数週間~数ヶ月を費やすと・・ダメだった時のリスクが大きいです。固定給のある営業マンなら・・契約件数0・・クビ・・なんて事もありえます。(笑) ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.