ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談037
○会社の近くにコンビニがあり、毎日のように行くのですが・・そのコンビニの喫煙コーナー(灰皿が置いてあるだけ)でよく見かける同業者がいます。そのコンビニに一番近い不動産屋の営業マンです。顔は知っているし、話したこともありますが、声はかけません。

ただね・・そのコンビニでタバコを吸っているシーンを見る度に・・なんとなくですが、同情するというか、切なくなります。ま、あくまでも想像なんですけど・・本人が何を思っているか・・どんな気持ちか・・わかる気がするのです。

社長を含めて2~3人の会社って・・けっこうキツイんですよ。なんていうか・・空気・・かな。少人数の会社で狭い空間を共有している者同士は、言葉は交わさなくても、お互いが思っている事が感じとれてしまうものです。その場の雰囲気がキツイ時があるんですよ。

社長は給料を払う側の強い立場で、営業マンの行動は常にチェックされています。電話をしていても・・書類を見ていても・・パソコンをしていても・・お互いが意識しています。営業マンも、【見られている】と意識しながら1秒1秒を過ごしているわけです。

工場で物を作る仕事なら、その作業さえしていれば、正々堂々と給料がもらえますが・・営業マンて、人が相手の商売だし、相手次第では努力しても良い結果がでません。そんな状況で、給料を払う者と・・給料をもらう者・・お互いが最悪の心理状態となります。

・・で、店内の重い雰囲気に耐えられず、定期的に店の外に出て・・タバコを吸う・・そんな事もありますよ。

私も昔は、店の外でタバコを吸いながら、いろいろな事を思いましたよ。(雰囲気、最悪だな・・)とか、(早く社長、外出すればいいのに・・)とか、(とりあえず物調か下見と言って外出しようかな・・)とか、(早く辞めたいな・・)とか、(給料日までの我慢だ・・)とかね。

会社の外でタバコを吸っている営業マンを見かける度に・・そんな辛かった時期を思い出すのです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.