ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談039
○たまに電話をかけてくる昔の同僚がいるのですが・・いつも同じ話を聞かされます。「以前に勤務していた地場のフランチャイズ加盟店で、副店長にまでなった」・・「ものすごい数の契約をして社内でも高い評価をうけた」・・って話です。

私は、そんなゴミみたいな話を、「凄いね、さすがだね。」と聞いてあげています。心の中では、同情もするし、哀れだと思います。そんな事しか自慢する事がないのも哀れですが、それを人に自慢する事が恥ずかしい行為だという認識さえできていないわけです。

長く営業マンをしてきた者は、営業方法については経験や知識を得て詳しくもなりますが、営業マンの価値については誤った固定概念があります。多くの場合、自己評価が高すぎる傾向があります。営業マンとして幾多の困難を乗り越えてきた経験が、自信過剰の原因です。

会社の信用や経費、会社の方針、指示、管理・・について過小評価し、自己の努力を過大評価して、「俺はすごい!」という固定概念になります。ま、仲介営業の場合、個人の資質に依存した営業手法なので、そんな感覚になりやすいんですが、現実は「担当者」でしかありません。

誰が担当しても、同じ努力をして同じ数字を上げる・・って事です。短期的には、運不運で、数字に浮き沈みもありますが、長期的には大差ないんですよ。私は早い時期にそれに気がつきましたが、上記の「昔の同僚」は現在でも気がついていません。ま、気がつかないほうが幸せ・・って見方もできますけどね。

大きい会社の社員が、小さい会社に転職すると、「会社の実力」と「個人の実力」を再認識します。小さい会社の社員でも、社員からフルコミになれば、やはり同じことを再認識できます。無職になれば「本当の自分」を知ります。不動産取引をする顧客は個人なんか信用しないし、相手にもしません。個人の実力なんてのは、多くの場合、幻想ですよ。

逆に、「個人は無力だから会社の看板を利用しよう!」「大きい会社に入って、組織力を利用してより良いポジションにありつきたい!」・・という考え方のほうが、カン違いが無くて良いと思います。それでも・・組織に入り、成功して数字を上げ続けると・・誤った考えが固定概念となり、妄想レベルの自信過剰になりますよ。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.