ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談043
○最近は、(情報って・・どうにでも解釈できるから便利だな・・)と思う機会が多いです。「有効求人倍率1・09倍…バブル崩壊以降で最高」ってニュースは既に目にした方は多いと思います。【とにかく人手不足!仕事はあるけど人が集まらない!誰か面接にきてくれ~!】・・みたいなイメージですよね。

国としても、【景気が上向いていて、仕事ならいくらでもあります。本人のやる気さえあれば仕事は溢れています。】・・てイメージを抱かせたいのだと推測します。・・で、現実はというと・・年収が高い人をリストラして・・年収の安い人を大募集している・・ってだけなんですよね。

わかりやすく言うと・・年収で500万円~700万円とか、それ以上の中高年が職を失い・・年収200万円台の求人募集が爆発的に増えている・・てことかな。もしくは、正規雇用が減り、非正規雇用で大募集!・・正社員が減り、バイトを大募集!・・それが現実では?

このような話題でよく使われる言葉が【正規・非正規】ですが、ようするに、【旧型・新型】なんですよ。正社員として定年まで続く雇用形態が【旧型】の雇用で、派遣・契約社員・歩合制等が【新型】です。・・で、どんどん【旧型】から【新型】へ移行しているわけです。

遅かれ早かれ、みんな【新型】になります。不動産会社の営業部長も退職すれば・・オッサンが【旧型】の雇用条件を求めても無理で・・派遣で工場勤めになり・・若い営業マンも、完全固定給→固定給プラス歩合→完全歩合(フルコミ)へと移行する・・そんな流れだと思います。

子育てが終わった定年後にバイトで働くなら、まだマシですよ。また、若い人もマシかな。不景気に合わせた生き方をすれば良いからです。最悪なのが中高年ですよ。・・子供が2~3人いて、高額の住宅ローンを支払い中の中高年が、年収700万円から・・→派遣で年収200万円台・・なんて事になれば、離婚・破産は確実です。

ハシゴを外された・・ってかんじですよね。ま、人生の罠ですよ。年代により、タイミングの良し悪しがあるわけです。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.