ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談045
○不動産営業マンとしての必要な資質は【営業力】だけではありません。売れる、売れないは運不運も関係します。売れている時は優遇されるし会社でも居心地が良い状況ですが、直近の契約の翌月からは0(ゼロ)スタートで、売れない月が連続すれば机の整理をする事になります。

ごく少数のヌルイ会社を除き、1社で長く勤めることは困難な職業ですが、できるだけ転職回数を少なくしたいなら、1社あたりの在職期間を長くする事です。そのために必要なのは【忍耐】かな。(笑) 売れる営業マンはプライドが高く、売れない時期が続くと、その惨めさに耐えられません。

日頃から業績が良い営業マンは、会社側にキツイ事を言われる機会が少ないので、たまに言われると耐えられないのです。・・で、在職期間を短くします。業績の悪い営業マンは、日頃からキツイ事を言われているので耐えられます。ま、それが良い事とは言えませんが、忍耐力は、無いよりも、あったほうが在籍期間は延びます。

上司が部下にキツイ指導をする場合の目的は・・・
○単純に、その話題について限定した指導
○今後も継続した関係が前提での指導
○退職に追い込むための指導

・・等がありますが、退職に追い込む目的の場合は・・退職までのカウントダウンがスタートしていますので、転職の準備も必要になります。その準備が整うまでの時間稼ぎがどれくらいできるか・・の勝負です。(笑) 安定とは無縁の職業と諦めて、さっさと次へ行くか・・しばらく粘ってみるか・・ま、難しいところですね。

私は流れに逆らわないタイプなので、無駄に粘らず、さっさと次へ行くスタンスでしたが・・行き着いた先はフルコミです。それも自然な流れかな・・と思ってはいます。ま、年齢的な問題もあるし、副収入もあるので、ノンビリした会社でやってますが、若い人はキツイ会社で忍耐力をつけたほうがいいですよ。

ま、あまり我慢しすぎると健康に悪いですけどね。家族のため・・生活のため・・限界まで耐える理由は人それぞれですが、精神的な苦痛に耐えられず病気になる者もいるし、死ぬ者もいます。いついかなる時でも耐える・・のではなく、耐えるべきか?・・流れに逆らわず、流されるべきか?・・の判断は必要ですね。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.