ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
排水トラップ
○数日前のことです。知人の社長さんと話をしていた時ですが、『アパートの空室に小さな虫の死骸が散らばっているので、後で掃き掃除に行く。』 『臭いもあるので換気もする。』 『原因不明。』・・と言うので、私はビックリしました。

あ、もちろん、【小さな虫の死骸】と【臭い】の原因は1秒でわかりましたよ。・・一応、社長さんに、『排水トラップ・・って聞いた事ありますよね?』と確認しましたが、『何それ?』という返答だったので、丁寧に説明しました。

アパートに限りませんが、浴室や洗面台、キッチン、トイレの排水管は、途中で上下に、グネグネにというか、S字やN字状に変形させてあり、その部分には水が溜まるようになっています。それにより空気は遮断されます。

その効果で、空気、悪臭、ガス、害虫・・等の侵入を防いでいるわけですが・・長期間、空室の物件は・・排水管のトラップに溜まっていた水が・・蒸発して無くなります。・・すると・・排水管を逆行して、下から悪臭や虫が上がってくるわけです。

ま、半年も空室にすれば、トラップの水は無くなると思います。夏場はもっと速いです。他業者の物件を案内した時に、室内に臭いがあり、小さな虫の死骸を見つけると・・(この物件、半年は空いているな・・なかなか決まらない物件なんだな・・)と推測できます。

対策はカンタンです。空室の期間が長い物件には、ペットボトルに水を入れて持って行き・・キッチン、洗面台、浴室、洗濯機の防水パン・・それぞれの排水口に水をこぼすだけです。コップ3~5杯程度かな。大量にこぼしても意味はありません。トラップに溜まる量は限られています。

・・で、そんな話を社長さんにしたところ・・『長年の謎が解けたよ。』と言ってました。私がビックリした理由?・・そんな事も知らない社長さんが、30年以上も不動産屋(賃貸管理)をやってこれた事に・・ビックリしたのです。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.