ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談054
○たまにね、思うことがあるんですよ。何もかも捨てて・・田舎の不動産屋でノンビリと仕事したいなぁ・・なんてね。ま、そんな事を思ってみても、いきなり、そんな話が舞い込んでくるわけでもないし、非現実的なんですが・・たとえばですよ・・

借金から逃げる立場にでもなり・・守るものは何も無い状況になれば・・住民票は置きっ放しで、何処でも好きなところへ行けます。いわゆる【世捨て人】です。借金なんか10万円でも1000億円でも同じ・・どうせ払うつもりないから。(笑)

・・で、自由気ままに旅でもして、旅先で知り合った女性と深い関係になり、転がり込んで、ひとまず安泰。その地域でも暮らし始めて、現金払いのバイトでもしながら10年も過ごせば、いろいろな債務も時効となり、気がつけば、世捨て人→普通の人・・となっている・・はずです。(笑)

ま、【守るもの】があるうちは、そんなストーリーはありえませんが、もしも、失うものが無くなれば、【世捨て人】もいいね。(笑)

こんな時代です。中高年の自殺も珍しくありません。リストラ・・生活苦・・借金・・離婚・・破産・・心が押しつぶされそうな事や死にたくなる要因はいくらでもあるでしょう。・・ま、その勢いで死んじゃうのも選択の一つですが、【世捨て人】も選択の一つですよ。

犯罪者でないなら、何処へ行こうが自由ですよ。世間体や社会人としての責任を重んじて、逃げずに対応するのがベストですが、その流れで自殺を考えるほど苦しんだのなら・・自殺をするよりは、【世捨て人】となるほうが良いと私は思いますよ。

○ところで、あなたは、愛されていますか?・・もしも・・冷め切った夫婦関係で・・親を尊敬しない子供・・帰宅しても「おかえりなさい」も言わない家族・・自分にあるのは【義務と責任】だけ。・・働き・・養う・・それだけ。病気にでもなり、死んでも・・悲しむ者はいない・・

逆に・・「あ~、さっぱりした。」という妻と、「お母さん、今までお疲れ様、よかったね」という子供達・・社会人としての義務と責任を全うして・・こんな人生なら・・悲しすぎますね。

家も金もいらないから・・愛する人と余生を過ごし、愛されて死にたいですね。ま、それが無理でも、家族から邪魔者扱いされて死ぬくらいなら・・孤独死のほうがマシかな。・・ところで、あなたは愛されていますか?・・ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.