ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談056
○先日、店舗付住宅を探しているお客のためにレインズ検索して・・希望にある物件が1つだけあり・・物件確認したうえで、資料(図面・地図等)を届けに行きました。お客は図面を見て・・「あ、この物件知ってます。」・・撃沈

ま、そんな気はしましたよ。(笑) だって、レインズで検索しても該当する物件がコレしかないって事は・・何処の業者が検索しても、同じ物件に行き着くわけです。共有された流通物件の情報で食うのは・・難しい時代ですね。

レインズや不動産情報サイト等で情報公開されている物件情報を希望条件で絞り込んでみても・・お客も自分自身でネット検索して希望条件で絞り込んだ物件情報を得ているなら・・「それ知ってます。」と言われても、当然の結果です。

「こんな物件ありますよ。」→「それ、知ってます。」・・これを打破するには、お客の知らない物件情報を提供するしかありません。もちろん、知らなければ良いわけではなく、お客の希望条件に合った物件である事が大前提となります。

・・ま、カンタンにいうと・・自社の媒介物件で、なおかつ・・情報公開していない段階の物件・・媒介契約後、まもない物件とか・・いわゆる未公開物件・・極秘物件・・で、たまたま、お客の希望条件にピッタリの物件・・そんなのあるわけねぇだろ!・・てくらい成約確率が低い話になりますね。(笑)

仲介業も・・他業者の物件とか、レインズとか・そんなのじゃ商売できない時代ってわけですね。・・で、それを知っていて、何故?私は資料を持っていったのか?・・ダメだろな・・と思っていても、そんな動きがしたかったんですよ。

副業ばかりしていると・・自分が不動産仲介営業マンだって事を忘れそうな日々が続くので、接客とか、電話フォローとか、レインズで物件検索とか、物件資料を届けるとか・・そんな動きができる時(チャンス)は、迷わず動くよう心がけています。それをしなくなったら・・営業マンではなくなっちゃいますからね。(笑)


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.