ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談059
○ある町の通称『バス通り』は、いわゆる町の中の大通りで、商店が立ち並んでいたのですが・・1つの店舗がつぶれると・・最初は【売店舗】となり・・売れないと更地にして【売地】になり・・気がつけば、パワービルダー系の格安建売業者が建売用地として仕入れて、【新築分譲中】となります。

ま、そんなかんじで、1つの商店が潰れる度に、1つの住宅になり・・いつのまにか・・その大通りの商店はほとんど無くなり・・住宅が立ち並ぶ大通りとなりました。・・で、その町の人達は【買い物】をどうしているか?商店街が無くなっちゃったわけですが・・車や自転車で、遠くのスーパーへ行く・・ってかんじかな。

そんな不便な町の不動産は・・安いです。でも・・不便です。(笑) 小中学校の生徒数も減り・・近くの小中学校は既に廃校・・町を歩いてる人は少なく、その少ない人達の大半が高齢者です。とにかく・・【活気】が無いです。寂しい雰囲気の滅びゆく町・・そんな町でも・・安ければ仕入れて、売れたらサヨナラ・・それが建売屋です。

35年ローンで、そんな町の物件買ったら・・ま、最悪ですよ。【閑静な住宅地】は人気ですが、滅びゆく過程での【閑静】は意味が違ってきます。安い建売を購入する年齢層は、新婚の人も多く、まだ若くて、小さい子供がいて・・生命力がみなぎる活気ある年代です。

できることなら、新しい街で、明るい未来、明るい新生活がイメージできる活気ある住環境がベストです。人は、住環境や職場環境など、周囲の影響を受けます。環境から受ける影響は目には見えません。ただ、日々、少しづつ、体内に浸透するかんじで、いつのまにか感化されます。

新しい街で、近所の子供達の笑い声が響く活気ある環境で過ごす日々と・・老人としかすれ違わない滅びゆく町で過ごす日々では・・差が大きいと思います。家探しをする時、【駅までの距離】とか、【間取り】とか、そんな事に重点を置く人が多いですが、【住環境】は大事ですよ。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.