ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
記録と証拠
○当ブログでは、同業者様、とくに営業マン向けに、「ご用心」と言い続けております。ま、車の運転でいえば、いつでもブレーキをかけられるように注意しつづける心構え・・みたいなものです。

仕事の基本は儲ける事です。しかし、何か問題が生じると、仕事はストップするし、場合によっては会社を辞める事にもなります。『頑張って仕事をしろ!』・・と朝から晩までプレッシャーをかけられている営業マンは、注意不足になりがちです。

積み木は・・焦って高く積もうとすると、バランスを壊して崩れます。・・また積んでは崩れる・・その繰り返しをすれば、できるだけバランス良く、崩れないように積むほうが、やり直しをするより効率が良いことに気がつきます。

ただし・・営業マンは数字を上げることができないと居場所を失うので・・「慎重に安全に・・」というスタンスにもリスクがあるんですよ。車の運転にたとえると、【安全にノロノロ運転】・・はノルマ未達でクビです。スピードを出して走行しながら安全に注意せよ!・・という難しさがあります。

取引内容や取引相手に不安がある案件・・どうしようか?契約すべきか・・断るべきか・・と悩むケースは少なくありません。他にも案件があったり、数字に余裕がある時なら断れますが・・余裕が無い時は、契約するしかない状況に追い込まれます。

私はそのような状況では、ノルマ未達でクビのリスクを受け入れて・・顧客との訴訟リスクを回避してきましたが、どうしても契約するしか選択肢が無い状況の時は・・徹底した記録と証拠収集を心がけました。

理由は、顧客とトラブルになった時に、会社が自分を守ってくれる・・とは考えないからです。上司の指示で行った行為でも、上司が指示をした【証拠】がなければ営業マンの過失です。『俺はそんな指示をしたつもりは無い』とバックレる上司もいますので、記録と証拠収集は必要不可欠です。

○朝のミーティング・・みんなが聞いています。
○日報・・行動(行き先・面談相手)の記録になります。
○自分の日誌・・報告・連絡・相談・・の内容を書いておきます。
○取引の経緯経過・・書面にして契約書類と一緒に保管します。
○重要な交渉や話し合いには上司を同席させます。
○小さな会社なら上司だけでなく社長にも報告します。

ま、保険みたいなものです。遅かれ早かれ会社をやめるわけで、退職後に、【死人に口なし】みたいなかんじで、会社に都合よく、【悪者】にされても困りますので。

不動産仲介営業マンは【数字を上げる技術】が必要ですが、【身を守る技術】も必要です。売るだけならカンタンですよ。『良い物件です。物件には何も問題ありません。物件に問題があれば会社が責任を負います。』・・といえるのは新築マンションや新築一戸建ての販売(売主)だけです。

仲介物件の大半は中古です。雨漏りするとか・・シロアリ地盤が悪い・・給湯器が壊れてるとか・・説明を受けていないとか・・騙されたとか・・あらゆる問題を箱に積めて売ってるような仕事です。

取引相手から、『説明を受けていない』と言われ・・上司からも、『俺も報告を受けていない』と言われたら・・マヌケです。(笑)ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.