ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
時代
○昔、テレビもラジオも電話も無かった時代・・たとえば江戸時代は・・情報伝達の手段は、瓦版(今でいえば新聞)とか、人から聞く話くらいだったわけです。だから、人から人へ伝えられる話の重要度は高く、噂話、井戸端会議なども、身を守るため、生活を守るために必要な情報がもたらされたと思います。

・・で、家を修理や建て替えの場合でも・・『○○村の□□は腕が良い』・・とか、そんなかんじで、評判の良い職人はたくさん仕事が舞い込み、評判の悪い者は悪い噂が広がり、仕事にあぶれたはずです。真面目に仕事をしていれば、いつかは世間様に認められる・・個人業者にとっては良き時代だったともいえます。

○私が新人の頃には、テレビやラジオやポケベル位はありましたが、そのような歴史(経緯)の名残りがありました。不動産取引をしたお客さんから、『良心的なリフォーム業者を紹介して欲しい』・・なんてかんじで、人の紹介で取引を決めるケースがよくありました。

○今は人の紹介なんて必要のない世の中・・と言っても言いすぎではありません。必要な情報は人に頼らず入手できます。不動産取引においては、大手やフランチャイズ加盟店等の知名度や、インターネット等による宣伝効果が、売り上げに直結します。小さな商店の信用度なんて無価値に等しいです。

今は消費者が個人業者や商店レベルの不動産屋を選ぶ理由が無いんですよ。近い将来・・不動産に限らず、大半の業種で【個人】や【小さい会社】が食えなくなります。日用品や食料品は、コンビニ、もしくはデパート等の大型店・・電化製品等の郵送可能な品はインターネットで購入・・

効率とか、コストパフォーマンスを追求していくと・・行き着く先は・・少数精鋭です。最低限の人数で最大の利益を求め・・人はいらなくなります。当然、職を失う人が増えて・・ごく少数の富裕層以外は・・みんな貧困層になる・・てのが私の予想です。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.