ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談078
○老朽化した一戸建てやアパート等なら、かなり安く買える時代です。激安で買って、貸せば儲かる・・それを実践して儲けている人も大勢いますよ。利回り20%なら5年で元をとれる・・かはわかりませんけどね。買えば買ったで、いろいろ金がかかるから。(笑)

ま、買っちゃった人はどうでもいいのですが、これから買おうと思っている人には助言します。避けるべき物件ですが、第一位(笑)は、【崖に面した物件】です。崖の上でも、崖の下でも、避けるべきです。理由をさっさと書くと・・【再建築不可、もしくはコスト高】 【危険性】 【損害賠償責任】・・です。

【再建築・・】に関しては、建て替え時に擁壁工事をやり直す等の費用が高額で、地域によっては、物件価格より高い工事費用がかかります。崖の部分が自分の所有権でない場合は、その工事すらできません。工事をしなければ建て替えの許可が下りないケースもあります。

【危険性】・・そもそも崖は危険です。しっかりした擁壁なら安心ですが・・そんな安心できる物件が激安で買えるわけありませんので、激安で売りに出ている段階で、ま、擁壁はアウトでしょう。崖が崩れたら、建物が崖の上なら、崖から落ちるし、建物が崖の下なら、崖崩れで下敷きになります。

【損害賠償責任】・・所有する崖が崩れて死傷者がでたら・・危険な崖と知っていて放置した所有者は・・無傷ではいられないのでは?100万円で買った物件で1億円の損害賠償責任・・ありえます。

第2位は・・軟弱地盤の傾いた家・・かな。傾いた家って・・玄関ドアや室内のドア、窓、アルミサッシ・・開かなくなるし、閉まっている状態でも、角に隙間ができたりします。・・で、修理しても・・また少し傾けば、動かなくなります。修理費がけっこうかかりますよ。ずーっとね。

・・で、傾いていると、平衡感覚で異常を感じて、三半規管とか関係あるのか・・めまいがしたり、気持ち悪くなります。人によっては酔う感覚になり、体調を崩します。そんな物件は借り手がいないんですよ。いくら賃料を安くしてもお客がつかないし、やっと苦労して契約しても・・入居して数ヶ月で退去したり・・賃貸物件には不向きです。マジで。

お、2位まで書いたら、ずいぶんな文字数になったので、このへんで終わります。ではまた。追伸/残置物でもあればヨロシクね。
残置物はありませんか?


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.