ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
フェードアウト
○昔に買った田舎の分譲地を売りたい・・という相談がある度に、(たぶん、本人を落胆させる結果になるだろう・・)と思います。最近も知人経由でそんな話がありました。1200万円で買ったらしく、できれば1000万円位で売りたい・・という話でした。

レインズで現在の売り物件を検索したところ・・調査対象地の並びに売物件がありました。地形も土地の面積も、ほぼ同じ程度で・・200万円でした。(笑) ・・あわてないでくださいね。1200万円で買った土地が200万円・・て話ではありませんよ。200万円で売り出しているけど・・それでも売れていない・・って話です。

私の推測では・・100万円に下げても、あるいは50万円に下げても・・誰も買わないと思います。理由は・・「必要ないから」 私なら100円でも買いません。必要性がなく、流通もしない物件は、固定資産税を払う債務でしかありません。

・・でね、そんな土地の所有者に、「あんたの土地は50万でも売れないよ。なんの価値もないゴミみたいな物件だよ。いや・・ゴミなら捨てればサヨナラだけど、土地は捨てられないので固定資産税を払い続ける債務付きの疫病神だから、ゴミみたいといえば、ゴミに失礼かな。」・・なんて本音は言えません。

1200万円で買ったけど0円・・て話ではありませんよ。あわてないでくださいね。法令に従い、【不動産査定マニュアル】等を活用すれば、いくらかの査定金額が算出されるはずですが・・現実的には・・利用価値も無く、無駄に払う固定資産税が年間1万円程度なら、10年分で10万円・・年間3万円なら10年で30万円です。それだけでも、「マイナス」の根拠になります。

ま、そうは言っても、現在の常識では、査定額が【マイナス】なんて非常識すぎて言えません。それに所有者は、「昔、大金を払って購入した」という事から、「もったいなくて安くは売れない」・・という人ばかりです。死ぬまで固定資産税を払い続けて・・死んだら子供が相続して・・子供が売ろうとしてもやはり買い手がつかず・・子供も固定資産税を払い続ける・・ま、そんなかんじかな。

・・で、相談の返答ですが、そんな現実を伝えたら怒られますよ。だから・・「そんなに高く購入されたのなら、今は売らずに、もっていたほうがいいですよ。」 「せっかくですが、地域外なので当社では対応できません。地元の不動産屋に相談してみては?」などと言って・・怒らせず、フェードアウトが堅い選択ですね。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.