ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
たとえばの話
○不動産営業マンの中には、【悪】や、【裏社会】等の絶対的なチカラに憧れる者も少なからずいます。・・で、そのような脇の甘さだと・・企業舎弟みたいな怖い会社や、暴力団とつながりのある不動産ブローカーに対して、憧れはあっても、【拒絶】の意志が無いため、仕事で接点をもつ日がきます。

・・で、事業用地等の物件情報を紹介したり、紹介されたり・・業者同士であれば挨拶代わりみたいな軽い行為の情報交換をしたつもりでも・・事態が悪い方向へ急変するケースがあります。そのような時のヒントにでもなれば・・と思い、今回の話題にします。

ま、ストーリーとしては・・レインズにでている他社が売主の【事業用物件(売りビル)】を知人の不動産ブローカーに紹介した・・しばらくして、物件は他社の仲介で成約・・その後・・知人のブローカーが来て、『やっと買主が決まったよ。現金で買うから契約の手配をしてくれ!』と言い出した。

『はぁ?そんな物件、とっくに成約して、もう無いですよ。』と言うと・・『ちょっと待ってくれ!もう買主に話がつけてあるので、今さら断れない!じつは買主は組関係で、人が動いてしまっている。』・・なんて、わけわかんない話になり、『俺と一緒に買主のところへ状況を説明に行ってほしい。』と言われる。

正しい対応は、【流通物件は早い者勝ちで成約するのが常識】 【流通物件が成約済となった事に責任など無い】 ・・と毅然とした対応をする事です。また、【説明に行けば、謝罪と誤認されたり、その場の雰囲気や話の流れで、別の頼み事を断れない状況に追い込まれるケース(手口)もある】って事も覚えておいてください。

不動産業界の常識やルールを誰にでも強制できるわけではありません。しかし、業界の常識やルールが通じない相手側のルールを自分が受け入れる必要もないのです。相手側が、『兄貴が怒っている』  『親分の顔がたたない』 『メンツが潰れる』 『既に動いてしまっている』  『責任を取れ』・・等と言われても、それは相手側の常識やルールであり・・

流通物件の情報を流しただけの自分に、大きな責任を負わせようとする幼稚な罠です。関係者に会いに行けば、言い訳や謝罪と誤認される可能性があります。注意点ですが、『忙しいから』 『時間がない』・・といってはダメです。そんな事いったら・・『暇な時でいいよ』 『時間がある時に行こう』・・となります。

一言でも、間違った表現や、誤解される表現をすると、そこを突破口に突っ込まれます。たとえば・・『オマエ、今、こう言ったよな?それはどんな意味だ?』 『だったら、なんで先にそういわないんだよ!』・・なんてね。言葉選びは慎重さが必要です。

・・で、時間の話に戻りますが・・『時間があろうがなかろうが、自分に責任がある事ではないので、誤解を招く行動はできない』・・とハッキリ伝えて、罠の入り口で拒絶しないとアウトです。ま、何回か怖い思いを経験して学ぶのも良いですが、それをキッカケに企業舎弟にされないように、ご注意ください。(笑) ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.