ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談091
○賃貸物件のオーナーさんで、空室の入居者募集を、複数の不動産会社に依頼するケースって、けっこうありますが・・賃料や敷金・礼金等の条件が不動産会社によって違うことがあるんですよ。たとえば、A社に賃料5万円で依頼しておいて・・

B社には賃料6万円で依頼したり、C社には賃料47,000円+共益費3,000円で依頼したり・・で、レインズや不動産情報サイトに、同じ物件、同じ部屋が、違う賃貸条件で掲載されていたりします。本人に悪気はないみたいです。ただ・・優柔不断で、無責任で、非常識で、欲深いだけです。

○ま、いろんなオーナーさんがいますが、今後の空室増加を乗り切れるオーナーさんは少ないと思います。最初に窮地に追い込まれるのは、【何でも自分でやる節約型オーナーさん】かな。

不動産屋が・・仲介料・管理料・更新手数料・リフォーム紹介料・家財保険手数料・・等が得られる物件を優先して扱うのは当然であり、そのような物件のオーナーさんに逃げられたら死活問題なので、空室が発生したら全力で対応しますが・・

掃除もリフォームも管理も自分でやるタイプのオーナーさんは・・不動産屋の立場では、空室の斡旋くらいしか接点のない【どーでもいいオーナーさん】です。クロスの張替えや畳の表替え等を自分で分離発注して、数千円を節約した気分になっても・・

空室が埋まらなければ、半年で数十万も損します。私が賃貸物件のオーナーだったら・・何もかも自分で処理できても・・あえて自分でやらず、全て不動産屋に任せますよ。そうする事で他の管理物件より優先されて、成約確率が高まります。

○居酒屋とかスナックで、ジュース1本だけ飲んで帰る客・・寿司屋で、握り1個だけ食べて帰る客・・不動産屋に空室がでた時だけ声をかける貸主・・どれも同じレベルのお客さんです。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.