ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談094
○顧客に資産家が多い・・いや、資産家/富裕層専門の大手系仲介会社に在籍していた事があります。最近は思い出す事も無いのですが、たまにね・・当時の仕事ぶりを思い出して、反省する事があるんですよ。

ま、何処の大手でも、【買主】より、【売主】を大事にする傾向がありますよね。買主は自由に動き回り、他社で買う確率も高いし、さんざん探して、最終的に買わない事もあるし・・ま、営業マンとしては時間と手間をかける事にリスクがあるわけです。

それに比べて【売主】は・・専任媒介でしばり、売り情報を流せば・・他社が客付けしても片手は入るし、媒介期間中は、安心して時間と手間をかけることができます。買取業者の提示額で売主が売るといえば、即契約も可能です。・・そんなわけで・・

私も他の同僚営業マン達と同様で、【買い】よりも【売り】のお客にシフトして、確実で無駄の少ない動きを心がけていたわけです。当時はね。・・で、今になって・・(買い希望のお客さん達・・しかも全員が金持ち・・無駄にしてもったいなかったな・・)と思うのです。

だってね・・人との出会いって、自然任せで、あまり選べないものでしょ?・・でも、あの会社で渡された買い客リストは・・全員が金持ちである根拠も証拠もあったわけで・・真面目に対応していたら・・職務でも、職務以外でも、いろんな得があったと思うのです。

その顧客の娘が超美人で・・婿養子になるとか(笑)、顧客が会社経営者で、『わが社で働いてみる気があるかな?』・・なんて誘いとか、ま、ありとあらゆるチャンスがあったはずです。それを、『買い客か・・金持ちの買い客はワガママばかり言うので、どうせ決まらないな・・』と考えて、無駄にしたのが反省点かな。

そういえば反省点があと1つあります。後輩に酒をご馳走するより、上司に金を使うべきだったかな。その類の会社は社内遊泳術が最重要で、上と親密になった者が良い情報を入手したり、良いポジションを維持するんですよ。ま、当時は私も若かったから、そんな事すら気がつきませんでしたよ。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.