ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
評判・印象
○最近は料理屋でも旅行先でも、インターネットで【評判】を調べてから行く・・って人が増えています。【広告】は利点のみ誇張されているケースも多く、信頼すべきは【消費者の感想】・・って事ですね。ま、ステマもあるので、半信半疑の情報ではありますが、知らないよりは知っていたほうが良いかな。

・・で、ラーメン屋で後悔しても、最大リスクは1,000円程度ですが、不動産取引は人生最大のリスクです。逆にいえば・・不動産取引の前に評判を調べない者が・・ラーメン屋へ行く前に評判を調べていたら・・笑えます。(笑)1,000円の失敗を恐れても、人生最大の失敗には無関心だからです。

○不動産会社について評判を調べる方にアドバイスですが、順序は会社のホームページが先です。たとえば・・その会社の基本情報を知らず・・評判だけを見聞きして判断するのはバカです。料理でいえば・・味だけを気にして、材料や調理法や安全性を知らないのと同じです。

会社のホームページ、とくに会社概要を見て、会社の規模、社員数、取引実績・他がわかります。社長や社員を紹介するページで、いろいろな事がわかります。ま、当然、真面目な内容で構成されていると思いますが、写真でもあれば・・人相・服装・雰囲気・他の細かい情報が得られます。後は自分の分析力次第です。

基本的に印象について100点満点のホームページやブログは存在しません。なぜなら、表現や雰囲気・イメージにはデメリットが付き物だからです。たとえば、会社の運営するブログをみると、社長や担当者を身近に感じる事もできますが・・下記のイメージをする人もいます。

○陽気で明るい人物・・・バカ・単純・軽い・雑・無遠慮・無責任
○静かで真面目な人物・・・冷血・人情がない・警戒すべき
○若くて元気な人物・・・経験が足りない、失敗しそう
○落ち着いた大人・・・自分では動かない・自信過剰・偉そう
○ごく普通の人・・・毒にも薬にもならない人・無意味

ま、判断は消費者がする事です。会社のホームページやブログは、その判断材料を提供しているわけです。それらの判断材料を先に分析して、その後で補足として、「評判」も調べるのが順序です。評判に関しては、社員のもたらす情報もあれば、クレーマーが1人で騒いでいる情報もありますので、半信半疑が良いです。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.