ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ブローカーの話
○地元の噂で聞いたのですが、私の顔見知りの不動産ブローカーが困っているようです。取引をまとめたけど・・自分には宅建免許がないから、自分の代わりに仲介印を押してくれる業者を探しているけど・・見つからないようです。

「取引がまとまったんだけど、俺の代わりに仲介にはいって手続きしてくれないか?お礼はするから!」・・みたいな事をいって、いざ、決済の日になると・・業界の相場では考えられないほど、しみったれた報酬で・・ガタガタもめる・・それがパターンみたいです。

過去にもいろいろな業者に頼んでは、取り分でもめて・・「もう二度とやらない!」と業者に断られて・・そんな事を繰り返しているうちに、何処の業者も相手にしなくなった・・てかんじかな。ま、私に言わせれば、頼むほうも問題があるし、そんな話を受ける業者も問題です。

キレイごとを言っているのではなく・・業法とか、仲介責任とか、取引における損害賠償リスク・決算や税務処理の影響・その他・・を考えると、たとえば手数料の1割か2割をもらって、重説と契約書の記名押印・・領収書の発行・・なんて、わりに合わないですよ。

面白いもので・・正しい道を目指していなくても・・あらゆるリスクを回避した行動を心がけると・・気がついたら、正しい道を歩いている・・そんな事もあります。避けるべき不動産ブローカーの特徴は・・自慢話が多い・・かな。

自慢話は、話が誇張されているし、自分を立派な人間に見せたい・・って程度の話(重要度が低いこと)でも日常的に嘘をつくわけですから・・もっと重要度の高い話では、確実に嘘をつきます。信用できません。・・というか、信用したらバカです。(笑)

あと、アタマの悪いブローカーは・・「ヤクザの親分と知り合い」という話を自慢げに語る傾向があります。当然、警戒すべきです。ヤクザと知り合いだから警戒するのではなく、そのレベルのバカと付き合うと、自分まで不運に巻き込まれるリスクが高いからです。

ヤクザと知り合いだと自慢するほどヤクザと親密に付き合い・・そのうち、ヤクザに食い物にされて、金銭的に追い詰められ・・ヤクザに言われるまま・・自分の身代わりに誰かを罠に嵌めようとする・・ま、そんな末路ですよ。ま、ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.