ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談100
○ボロアパートの管理をしていると、独居老人の死に遭遇する事もあるはずです。仕事上では賃借人ですが、会えば世間話もするし、普通に【知人】ですよ。・・でね、身近な人が孤独死をする度に・・いろんな事を考えされられますよ。

たとえば・・どんな場面で、どう死ぬのが理想なのか・・なんてね。映画「アルマゲドン」では、ブルース・ウィルス(の演じる役)は地球を救うために死にます。意味のある死に思えるし、価値のある死に思えます。

日本のために、若い命を捧げた神風特攻隊と・・長生きはしたけど、ボロアパートで生活保護を受けながら、誰にも相手にされず孤独死で、発見に1ヶ月もかかる死に様と・・どちらがいいか?・・ま、左の人は条件反射で孤独死を選ぶのかな?

小説「失楽園」は、愛する男女が心中する話です。ま、現実的には、死ぬよりは2人で生きる選択をしてほしいものですが・・孤独死と比較したら、どちらが良いだろうか?

誰にどう思われようが関係ない・・自分さえ良ければいい・・状況など関係なく、とにかく1秒でも長生きしたほうが得・・と考えるなら悩む必要はないですが、それなら犬やネコと同じような気もします。

一般的に理想とされる死は、おそらく・・幸せな家庭の主かな。自分の周りに妻や子供達、孫達が集まり、妻は、「アナタと結婚できて本当に幸せでした。いつまでも愛してるわ」と言い・・子供達は、「お父さんの子供に生まれて幸せでした!」と言い・・小さい孫は・・

「おじいちゃん、死なないで!」・・と言い、みんなに泣かれる・・で、孫の小さな手を握りながら・・逝く・・みたいなイメージかな。(笑)

○知人の賃借人に限らず、一緒に仕事をした上司や先輩も他界しているので、そんな事が気になるわけです。


大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.