ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談101
○私がいくつかの大手系仲介会社に在籍していた話は何回も書いていますが、在籍した支店は全て同じエリアでした。同じJR駅の周辺で、同じビルだった事さえあります。・・で、私が在籍した当時の支店は・・現在、一つもありません。意味わかりますか?・・全て閉鎖(撤退)です。

『この地域・・ダメだ・・食えない・・』ってかんじで、逃げちゃったわけです。そんな地域で今も仕事をしている私はバカかもしれません。(笑) ま、私のことは、とりあえず、おいといて・・大手系仲介会社の支店が閉鎖・移転するケースはよくあります。戦術的撤退です。

仲介業において、おいしいエリアと食えないエリアは存在しますが、常に同じではなく、時代の流れで食えたり食えなかったりします。東京を中心に考えた場合、景気の良い時期は東京から半径30kmまでエリアを広げて、景気が悪くなると半径20kmに縮小する・・とかね。

20km圏内はさほど変化しないけど、20km超~30km内にある支店は、景気次第で進出したり撤退したりする傾向があります。支店の存続という意味では20km圏内が安全圏かもね。

建売業者、マンション業者、中古物件の買取再販業者等も、景気が良くなると、東京30km圏内の物件に手を出し・・不景気になると逃げる・・を繰り返しますね。

○都心に拠点がある会社は、景気次第で遠くに手を伸ばしたり、引っ込めたりできますが・・地元業者はそこが地元なので・・逃げられません。(どんどん大手が逃げていくなぁ・・)と眺めながら、どうしたものかと途方に暮れる・・そんなかんじですよ。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.