ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談106
○オートバイが故障する度に悲しくなります。バイクや自動車は古くなるといろいろな部品が劣化により正常な動作をしなくなり・・細かい故障は修理できても、重大な故障(エンジン等)では、修理が困難になれば廃車です。・・コレって、人間に似てますね。

人も古くなるといろいろなところが老化により正常な動作をしなくなり・・薬や手術で治す事はできるけど、重い病気は完治が困難で、いずれにしても心臓が止まったら終わりです。古いオートバイと中年の自分に共通点が多いので、悲しくなるわけです。(笑)

○オートバイ等の機械は新品の段階で完成していますが、人間は成長があるので、いろいろな能力が最高の状態になるまで年月を要します。職業により違いますが、仕事における能力・気力・体力など、充実した仕事ができるのは20代~30代では?

やがて中高年になれば、気力も体力も減退します。高齢になればなるほど気力・体力は無くなり、ま、最後は死ぬわけです。そんな流れを考慮すれば、中途採用の募集に関しても、若い人を落としてまで40代以上の人を採用するはずがありません。

不動産営業は若さや気力・体力を必要とします。中高年の知識や経験は武器になりますが、知識や経験は管理者にあれば良いわけで、言われたまま動く兵隊にとっては、若さのほうが重要です。ま、若いから採用された人は、若くなくなったらサヨナラ・・ってのが現実ですけどね。

中高年、あるいは高齢者でも、気力や体力があり、全力で仕事をする人もいますが、それは残り少ない寿命をさらに縮める行為です。古いオートバイを限界まで酷使して乗り回せば・・本来の寿命より早く壊れますよ。長く乗りたいバイクなら、ある程度セーブして無理をしない事です。

大手仲介会社の営業マンは忙しく動き回りますが、セールス活動は仕事全体の1割以下です。9割は・・チラシ作成やチラシ印刷、チラシ投函、ネット情報等に物件登録、業者回り、社内書類(報告書等)の作成・・等です。夜遅くまで仕事をする日も多く、気力と体力は必要不可欠です。

いわゆる【定年退職】まで続けられる仕事ではありません。激戦区の最前線で戦うには40歳くらいまでが限界です。その年齢を超えると、気力・体力を不要とする「業者買取り」等の案件が増えます。数字は上がりますが、営業マンとしての限界が来たと考える事もできます。

○不動産営業マンも家を買うし、住宅ローンも借りますが・・40代くらいが限界の職業で・・80歳まで続く長期のローン・・払えるのかな?退職金もないし、年金なんか期待するほうがバカだし・・現実的には、早めに団信で完済コースが確実かな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.