ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談107
○死に関連した話を書く事が多いですが、誤解を恐れずにいえば・・【死】ほど興味深く面白いテーマはありません。不動産屋の皆さんは・・100億円の借金をして・・返済せず死ねば勝ちか?・・どう思いますか?

現実的には、死ねば何もかも免責みたいなものですよ。借金だって殺人だって、あらゆる責任の追及はできません。倫理的、道徳的、人情的・・には問題があっても、死人が責任を果たすのは不可能です。

○一生懸命に働き、倹約して1億円を貯めて亡くなった人と・・稼いだ金は全て使い切り、借金を残して亡くなった人・・どちらが得か?どちらが道徳的か?どちらが幸せか?

○「水も飲まず飯も食わず・・ただ生きているだけで金がかかる世の中だな。」と仲間と話す事があります。銀行の口座引き落としで、自動的に消えるお金・・多いです。公共料金や税金、住宅ローン・・個人差はありますが、月10万円~20万円は消えるのでは?

支払いのために稼ぐ日々なら・・さっさと死にたいとまでは思わなくとも・・長生きしたいとは思わなくなります。死ぬのは怖い・・生きるのは辛い・・死ねないから生き続ける・・生き続けると腹が減る・・何か食べたいなら金が必要・・金が必要だから働く・・コレ、最悪ですよね。(笑)

○昔は、知人が亡くなると・・(可哀想に・・まだ生きたかっただろうに・・)と思いましたが、最近は違います。(あらゆる悩みから開放されてラクになれたのかな。)と思います。

○シエラレオネ共和国の平均寿命は46歳、中央アフリカ共和国は50歳、ソマリアは53歳・・日本は84歳(男性80歳・女性は87歳)・・この数字に至ったあらゆる原因を考慮せず、単純に、20歳以降の【大人になってから死ぬまでの年数】にすると・・シエラレオネ26年、中央アフリカ共和国30年、ソマリア33年、日本64年・・です。

納税者としての寿命に2倍くらい違う計算になります。ま、実際は、平均寿命の短い国は、小さい子供の死亡等が極端に低い数字の原因と思われますが、いずれにしても世界一の長寿国は日本です。・・しかし、日本で長生きするコスト(衣食住・医療・納税等)は半端じゃありません。

単純に・・成人してから死ぬまで家賃6万円の部屋に住み続けると・・年72万円・・10年で720万円・・64年で4,608万円です。「衣食住」で軽く1億円は超えます。その金は働いて払うわけですから・・長寿国で長生きするのもラクじゃありませんね。(笑)ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.