ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
当たらずとも遠からずな話
○知人の業者と、『便利になりましたね。』と話す事があります。

○昔は間取り図は手書き→今はパソコンで無料ソフトにて作成可
○昔は1色のチラシ→今はカラー印刷も一般的
○昔は住宅地図をコピーして現地→今は携帯やカーナビでOK
○昔は資料を届けたり郵送→今はメール添付でOK
○昔は住宅ローン用電卓を使用→今はネットでラクラク試算

○今は、グーグルマップのストリートビューで、物件の外観や近所の雰囲気・道路の形状・U字構やマンホール・電柱の位置・他・・いろいろな事がわかります。とりあえず外から見る程度の案件なら、現地を見に行かなくてもすみます。便利でラクになった事は間違いないのですが・・消費者にできる事・・の幅も広がっています。

○顧客(消費者)も、不動産取引でわからない事はネットで検索して調べる事ができます。必要な費用も全て調べることが可能です。本当に便利な世の中です。・・で、この便利さは、現在進行形で、もっともっと便利になる方向です。

基本的に、○物件探し ○物件を見る ○諸経費の試算 ○銀行融資の申し込み ○契約手続き ○ローン実行や振込み ○登記手続き等が・・ネットと郵送でできたら・・不動産会社は不動産営業マンの【数】を必要としなくなります。

既に【不動産をセールスする】という行為は嫌われています。消費者は自分で自分の希望する物件を探せる時代になりましたので・・基本的な流れとしては・・今後・・景気が良くても悪くても・・人気エリアでも不人気エリアでも・・少子高齢化が解決したとしても・・不動産営業職という仕事は、別のスタイルに変化するか、無くなるか・・のどちらかです。ご用心

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.