ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談018
○同じ仕事でも、【他人に強制されて行う場合】と、【自らの意思で行う場合】では、いろいろ違ってきますね。スピードも効率も何もかもです。ただ、社員の立場なら、仕事をする義務があり、その仕事のやり方とか、進め方とか、指示されるのは当たり前です。

『自分のペースでやりたい!』とか、『自分のやり方でやりたい!』というのは、許されないケースが多いです。大手系仲介会社の多くが、営業マンの営業活動に関して細かいノルマや指示をしています。ノルマは・・仲介手数料・契約本数・媒介契約数・顧客フォローの回数等です。

会社によっては、チラシ投函の枚数・電話セールスの回数・顧客宅への訪問回数・・・等などのノルマもあります。それらのノルマを達成させるための【1日・1週間・1ヶ月の各行動】・・等も管理されます。営業活動の全てを強制されているわけです。

しかし・・会社の指示どおり行動していても、数字が悪い時があります。それは・・【営業マンの責任】となります。(笑) 営業職の難しさは、結果を求められるだけでなく、その結果を出すための方法まで強制される事です。・・で、強制された行いで悪い結果だと・・居場所を失うわけですから、理不尽ですね。

でも・・自分のペースで、自分のやり方で仕事ができるフルコミ営業・・ってのもキツイですよ。ノルマはなくても、固定給もないわけで、ダラダラと過ごしていると数百万の貯金なんてすぐ消えますよ。そもそも仕事なんてのは楽しいものではないのです。生活するために、生きていくために、みんな仕事をしているのです。

『朝、起きたら、腕立て伏せ50回やろう!』・・と決心したとして・・何日続けられますか?誰も見ていないし、誰にも強制されていない状況で・・自分の意思で続けるって、けっこうキツイですよ。・・刑務所の看守みたいな上司がいたほうがラクだと思います。嫌々でも従っていれば、日々生きていけます。

会社勤めが疲れたから、フルコミ営業になろうかな・・なんて人は、失敗する確率が高いですよ。上記の例えでいえば・・誰に強制されるわけでもなく、自ら決めたこと(腕立て伏せ)を永久に続けることができること・・がフルコミの適性といえます。

しかも、現実的にはフルコミ営業のほうが営業活動の条件も悪く、経費も自腹で、組織力とか無しで・・想像以上にキツイですよ。フルコミ営業を目指す人は・・(我慢してサラリーマンやってたほうが良かった・・)なんて後悔しないようにね。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.