ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
相続放棄
○前から『そのうち書こう』と思っていた話があります。『相続放棄』と、『遺産分割協議で自分は放棄する』・・の違いです。よくわかっていない人が多いんですよ。

ま、一般的に相続は、故人の身内(相続人)が集まって、故人の財産や借金について、『誰が相続するか?みんなで相続するか?いらない人は放棄するか?』・・みたいな話し合いをして、各自の取り分を決める流れです。

その話し合いで、『俺は故人の財産なんかいらないよ。その代わり、借金も払わないよ。』と言えば、他の相続人から、『じゃ、相続の権利を放棄するって事でいいんだな?』と言われ、『それでいいよ。』と答える・・これで相続放棄した・・と思っている人が多いんですよ。不動産仲介営業マンでも、そんな人が少なからずいます。

遺産分割協議で相続の分け前を放棄しても、それは身内の話であって、身内以外の債権者には通用しませんよ。故人の借金から逃げるには、家庭裁判所で相続放棄の手続きをする必要があります。これが相続放棄です。

・・で、遺産分割協議ではなく、まったく別の手続き(家庭裁判所に書類を提出)をしなければならないわけですが・・相続の開始があったことを知った時から3ヵ月以内という期限があります。また、相続放棄をする前に故人の財産を処分したり、隠匿したりして、それがバレると、相続放棄は無効になります。

また、自分だけ相続放棄で故人の債務から逃れても、相続放棄の手続きをしていない相続人は債務から逃れられません。そんな法律も知らず、借金だらけの親が死んで・・なんとなく3ヵ月が経過したら・・もしくは、『俺は遺産分割協議で権利を放棄したから安心だ。』・・なんてカン違いしたまま3ヵ月が経過したら・・アウトです。

お客さんから『借金だらけの親が亡くなったのですが・・』と相談されて、『借金の保証人でないなら、関係ないですよ。』とか、『遺産分割協議で相続の権利を放棄されたのなら、大丈夫ですよ。』とか、間違ったアドバイスはしないようにね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.