ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
リフォームの紹介料
○賃貸管理で細々と営業している不動産屋にとって、リフォームの紹介料は重視すべき収入元ですね。会社によっては、月間のリフォームの紹介料が、管理料収入や仲介手数料収入を超えるケースもあります。逆にいえば、それだけ管理料や仲介手数料収入が少なすぎる・・という厳しい状況の会社もあるって事です。

リフォーム紹介料=ボロアパート、ボロ貸家です。だって、新しいアパートをリフォームするわけないし、そもそも新しいアパートは、新築時にアパート建築業者(ハウスメーカー等)の関連会社が管理契約するケースが多く・・

新築アパートを地場業者が管理しているケースは年々、減っていると思います。個人の大工や、小さな工務店が請け負って建てるケースなら地元の不動産屋の出番ですが・・どうなんですかね。地方ならまだそんなかんじなのかな。

・・で、ボロアパートは頻繁に手直しが必要で、それは内装や外装だけではありません。給湯器や換気扇、エアコン等の設備も壊れるし、壊れたら修理ではなく交換です。費用は、「製品+取り付け工事費用+古い製品の撤去・廃棄費用」・・となりますので、けっこうかかります。

不動産屋がリフォーム業者から紹介料をもらっていると大家さんが知れば、あまり良い気持ちではないと思いますが、リフォーム費用に紹介料が上乗せされているとは限りません。リフォーム業者だって、仕事をとるのに広告宣伝費用がかかります。それらの経費は当然ですが、リフォーム工事による利益から捻出するわけですが・・

顧客を紹介してもらうケースは、広告宣伝費0円で仕事をとった事になります。そのような利益があるから、その分を紹介料で払う・・という考え方もできます。実際、不動産業者からの紹介だけで商売しているリフォーム業者は、新聞チラシ等の広告も実施していないし、営業マンを雇用して仕事をとっているわけでもありません。

宣伝広告や営業に費用をかけず紹介だけで商売しているなら・・紹介料くらい払うのが当然です。・・で、紹介元の不動産屋は紹介料をもらうくせに、見積もり金額が高いと文句を言います。クロスの張替え・・畳の表替え・・すべて業者価格みたいな相場があり・・

その相場を越える金額は許しませんので、一般消費者が直接、リフォーム業者に依頼するケースの見積もり金額より安くなるケースが多いと思います。そのような意味で、「リフォーム紹介料」ではなく「リフォーム仲介料」なんですよ。見積もり金額も交渉するし、代金の支払いも見届けるし、リフォーム後には現地をチェックするしね。逆にいえば・・リフォームを紹介して、紹介料をもらわなければ・・それらの動きが全部「ただ働き」になってしまいます。ま、そんな話でした。じゃね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.