ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ある家族2
○ずいぶん前(9年前)に、ある家族という話を書きましたが、後日談があります。ま、たいした話ではないのですが、更新も滞り気味なので、更新ネタで1話にします。

無事に物件の引渡しを終えて1週間くらい経過した頃・・新居(物件)に訪問する機会がありました。まだ引越し前で荷物は無い状態でしたが、なにやらリフォーム中の雰囲気・・予算もギリギリでリフォーム費用の捻出も厳しい購入計画だったのですが・・。

奥様が1人でリフォーム工事をしていたのです。私が見たシーンは壁紙の張替えです。既存の壁紙を剥がしてから新しい壁紙を貼る流れですが、剥がす作業で苦労しているのが分かりました。

本編では・・ご主人さんは仕事熱心で真面目な方でしたが収入は低く、お金に余裕のないご家族だったけど、人が羨むほど家族愛み満ちた素晴らしいご家族・・と書いたつもりです。

・・それに追記させていただく内容となりますが・・その家庭を支えている奥様の現実的な努力も素晴らしいと思いましたよ。既存の教育ローンと今後(当時)の住宅ローンのためにパートでフルタイムで働き、空いた時間に新居のリフォーム工事です。紙1枚のカンタンな説明書きを見ながら一生懸命に作業をしていました。

○そのマンションの前をバイクで毎日、通るんですよ。『あのご家族はまだ住んでいるかな・・』なんて事は思いません。だって・・苦労して買った住まいを手放すわけがないからです。もしもご主人がケガや病気で仕事を失ったとしても、家族で支えあい、協力して苦難は乗り越えるはずです。

家賃並みのローンだしね。低収入で金銭的な苦労も多い人生だけど・・夫婦仲良しで子供も親を敬う、家族愛に満ちた幸せな生活・・羨ましく思えます。

仮説ですが・・最初から低収入の人の家族は、その低収入でやりくりして生活する耐久力があります。身分相応の生活を心がけて堅実に生きるわけです。・・しかし、高収入の人が低収入になったら・・贅沢に慣れた家族は耐えられないでしょうね。

○苦難の対応策には、『耐える』 『跳ね返す』 『逃げる』の選択肢があります。一番ラクなのは『逃げる』です。『耐える』人や『跳ね返す』人は、『何か』を守るために耐えたり、跳ね返すわけです。『逃げる』人は、『何か』を置きざりにして逃げるわけです。その『何か』・・って、もしかしたら、『幸せ』かもね。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.