ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談027
○昨日、管理物件の賃借人について、役所から「連絡の取れない」との安否確認がありました。行ってみると、予想どおりの結果でした。そんなわけで、今回は、「孤独死」の話です。管理会社(不動産会社)にとっては、苦労や負担が多く、とても嫌な話です。

○発見時期・・早いほうが良いです。遅いと最悪です。発見が遅ければ、腐乱するし、虫もわくし、臭いもします。(ただし、状況や環境によってはミイラ化します。) 遺体の腐乱は、寒い時期は遅く、暑い時期は早いです。湿気のある季節も最悪といえます。

○発見場所・・和室なら布団と畳の交換程度・・洋室ならフローリングの張替え・・室内の発見場所によりリフォーム費用は違ってきます。いずれにしても、臭いがとれない場合、消毒・消臭の費用が発生します。

○遺体の状況・・入浴中に亡くなり発見が遅れると最悪・・コタツに入ったままも最悪・・布団で寝たままは、発見までの日数により違ってきます。

○発見後の処理・・警察への通報や立会い・親類や保証人に連絡・退去の清算や請求・回収等・・不動産屋は苦労します。生活保護受給者の場合は、役所が対応するケースが多く、不動産屋の負担は少ないです。

○一般的な流れ・・①本人の身内や会社、役所等から不動産屋(管理会社)へ安否確認・・②現地でインターホン等で応答がなく、郵便受けに郵便物が溜まっている等の状況を確認のうえ、関係者が立会い、カギを開錠・・③発見・・④警察へ通報・・

⑤遺体は警察もしくは警察の提携する葬儀社へ・・⑥不動産屋は保証人や緊急連絡先に連絡・・貸主へ報告・・⑦後日・・相続人等による遺品整理と退去による賃料等の清算・・⑧リフォーム工事

○注意点・・カギの開錠は必ず誰か立会いが必要(事件性がある場合、犯人と疑われないための証人)・・基本的に何も触らない(指紋を着けない)・・物を動かさない・・ゴミも拾わない、持ち帰らない・・理想的な動きは、中を覗いて死亡確認したら、すぐ通報・・何も触らないこと。

ドアの郵便受けに溜まった新聞やチラシ・郵便物で、死亡時期の推測ができます。勝手に捨てないこと。不動産屋がアチコチ触りまくり、室内をウロウロした経緯があると、万が一、殺人事件だった場合、鑑識が靴の跡や指紋等を調べる際に面倒な事になります。

ただし、ガスや火、電気、水道等を使用したままの場合・・たとえば、水を流しっぱなしの状況なら、善良なる管理者として、「止める」等の対応はすべきですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.