ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
現実
○世界平和とか反戦とか・・そんな言葉を耳にする度に、ため息がでますよ。(立場わかってるのかな・・)ってね。暇つぶしに持論を展開させていただきますが・・争いのない条件て・・平等ですよね。たとえば、1日3食の国は・・少数の豊かな国だけです。もしも、世界が平等になったら・・たとえば食料も平等になったら・・みんな1日1食以下ですよ。その代わり、飢えで死ぬ人いなくなります。

しかし、そうなる事はありえません。豊かな国は豊かな状況を守るからです。他の国を豊かにする事と引き換えに自国が貧しくなる・・なんて選択はしませんよ。金持ちの国が、「おれ達は金持ち、オマエ達は貧乏、これで決まり!」という状況を守るためには・・軍隊が必要だし、貧乏な国が金持ちの国の利権を奪うには軍隊が必要です。・・で、お互いが戦争せず膠着状態で現状維持・・の期間が平和です。

電気・ガス・水道・燃料・食料・インターネット・・物質的な欲求は何もかも満たされていて、学校教育も医療も充実している先進国は、もっと少ないです。しかし、何もない国の国民は飢えてガンガン死んでます。・・で、恵まれた国と、そうでない国が存在し、恵まれた国は、自分達が有利な貧富のバランス状況を守りつつ、1日3食と3時のおやつまで食べながら、世界平和や反戦を語り、自己陶酔しながら悦に入るわけです。

金持ちの家の少年が町を歩いていると・・不良少年に絡まれて、路地裏に連れ込まれた・・金持ちの少年が、「ケンカはやめよう!暴力反対です!」と言ったとして、効果はあるのかな?

○昔は生の魚を食べる国は少なかったわけですが、近年、世界の多くで、寿司を食べる人が増えました。マグロの大半が日本で消費されている状況が・・全世界(約70億人)で消費されるようになれば、いくらになるか?今後、ウニやイクラが大ブームになったら?

現在の10倍以上になるのでは?回転寿司が1皿1000円になっちゃいますよ(笑) 世界中の人が寿司を食べるのはかまわないけど・・寿司の値段が10倍になるは嫌だ・・てか?

○大手不動産仲介会社の大半が、営業マンの活動範囲を「エリア制」にしています。ま、縄張りですよ。儲かるエリアもあれば、ゴミみたいなエリアもあります。厳しいエリアの担当者は儲かるエリアへの変更を希望するし、儲かるエリアの担当者はエリアの固定化を望みます。

エリアは一度決まるとカンタンには変更されませんが、営業マンの転勤や退職、店舗移転等の動きがあると、水面下で儲かるエリアの奪い合いになります。世の中の縮図を見ているようです。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.