ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談41
○先日、知人の業者を訪ねた時の話です。社長さんは私の顔を見ると、『また着たよ。異常な手紙。』と言い、呆れた表情で私の前に1通の封筒を差し出しました。個人情報の問題もあるので、私は中身を見るつもりは無いし、社長さんも中の手紙を見せる気はありません。そもそも未開封の状態です。

ただ・・未開封でも、異常さは一目瞭然というか・・封筒の表も裏も、縦や横や斜めに、ビッシリと、細かい文字が書いてあります。それらの文字を無視するがごとく、大きな字で宛名や差出人が記載されています。細かい文字のほうは、イメージ的には『呪い』かな。(笑) 一行で構成された悪口の類です。

宛名は、その社長さん宛てで、差出人はアパートの所有者です。そのアパートの所有者が、心の病である事は確実です。自分が所有するアパートの賃借人達が、影で悪口を言っているとか・・何か企んでいるとか・・ま、そんな内容のことが封筒の外側に書いてあるので、中の手紙も同じような内容と推測できます。

そのような手紙が頻繁に送られてきて、その度に、社長さんは呆れているわけですが・・その呆れる理由は、誰もが納得する理由です。その社長さん・・そのアパートの管理をしてないんですよ。無関係なのです。怖いでしょ?(笑)

社長さんは、『・・ったく、なんでウチの会社に、こんなの送ってくるのかな~。』って、ボヤいてました。ただでさえ、管理物件の賃借人によるトラブルが多い会社で、毎日毎日、お祭り騒ぎなのに・・そんな手紙が頻繁に着ると・・疲れが倍増するでしょうね。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.