ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
仮説
○夏です。お盆です。お化け・・幽霊・・心霊現象・・そんな話題の多い時期です。不動産業界でも、それらに関連する話題は多いですね。自殺物件とか、事故物件とか・・。私も何回かブログのネタにした事があります。

ま、永遠の謎ですよ。死なないと分らない事だし、死んでから分っても語れないしね。ただ、『謎』 『わからない』 『死後は何もない。無の状態』・・と言えば、それで終わりの話なので、とても短い記事になってしまいます。(笑) 

だから、『心霊現象はある』ことを前提に、一つの仮説をお話しします。たとえば・・ある人がある部屋で苦しんで亡くなったとします。その人は死の直前に、壁に、『苦しい~』と書いて死んだとします。

・・で、1年後、その部屋を訪ねた人は、壁の『苦しい~』という文字を見ます。その文字を書いた人が、書いた当時に苦しかった思いは伝わります。しかし、その苦しんだ故人は既に存在せず、あくまで『当時の思い』を今、感じているだけです。

これが文字ではなく、カセットテープによる音声やDVDによる動画として記録を残した場合でも同じで、その当時の苦しみは伝わりますが、『苦しいですか?』と聞いても返答はあるわけありません。あくまで当時の情報を現在に受け取っているだけだからです。ま、時差ですね。

・・では、その当時の『苦しい~』という表現を、文字やカセットテープやDVDではない方法で記録したり、再生したりする方法があるとしたら?・・たとえば、特殊な臭いとか、あるいは電波のような見えない物質です。現在の科学力では解明できない物質だとして・・

たとえば昭和50年に、ある部屋である人が苦しんで死んだ。その死に際に、『苦しい~』と叫んだ時に、その思いが見えない物質として放出されて現場に残る。その物質は見えないし、また、掃除をしても除去できない物質だとします。

・・で、平成27年にその部屋を訪ねた者が、なんとなく、その見えない物質を感じたとします。それが、いわゆる『霊感』と呼ばれる感知能力で、その感知能力が高いと、詳しいメッセージ(声や姿)を脳内で解読できる・・そんな仮説です。この仮説が正しければ、『霊現象』といわれる現象は『記録媒体』として存在する事になります。

その場合、たとえば幽霊に追いかけられたり、襲われたりしても・・それは、当時、そのようなシチュエーションで亡くなった人が死に際に発した「見えない物質」から、その情報を感じてしまった人が、視覚や聴覚の根元(脳)で詳細を解読してしまっただけであり、物理的な攻撃(殴る、刺る)や対話は不可能・・という事になります。

「一度ネズミがかかったネズミ捕り器には、二度とネズミがかからない」という説がありますが、それは最初に罠にかかったネズミが他のネズミに発する危険情報(匂い物質)が原因と言われています。その危険情報を受け取ったネズミ達は不安が増大して、その罠には近づかないそうです。同種の動物を助ける能力です。

急なカーブで事故死した人が、そのカーブに夜中に立っている・・なんて話ありますよね。それは呪いではなく、同種の動物(人間)に発した善意の危険情報(見えない物質)かもしれませんよ。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.