ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
暇つぶしの話
○激安のボロ家を買って賃貸したい・・そんな人が多いですね。300万円の物件を買って、月5万円で貸せば、年収60万円・・て皮算用です。元を取ったら、次から次へと買っては貸して、いつのまにかに大金持ち・・いいね。

借り手がいなくても、現金で買えばリスクが無い・・って思っている人もいるでしょうね。固定資産税や修繕費程度を持ち出す程度のリスクなら覚悟の上・・なのかな。でも、そんな程度では済まないリスクもあるので、暇つぶしに書きますよ。

○崖地・法地・傾斜地の物件・・建物が傾き、または崩れて、賃借人や近所の人に死傷者がでたり、近所の家や車を壊せば、損害賠償を請求されますよ。数百万~数千万・・上限はありません。擁壁工事をすれば良いですが、これも数百万~数千万コースです。

○軟弱地盤の物件・・建物が傾けば借りる人はいません。傾き過ぎて土地境界線を越えれば、越境された側から、元に戻すよう請求されます。数百万円コース・・それでも、いつかまた傾きますよ。

○隣地の住人に変人(本当はキチ・・と書きたいところ)が住んでいるケース・・やれ、雨が流れてきたとか、草が迷惑だとか、風で物が飛んできたとか、金払えとか・・難癖のオンパレードで、賃借人が、「私は借りているだけで関係ない」と言えば・・「所有者を呼べ!」となります。当然、借主は逃げるように退去します。

○事故物件等の依頼を受ける度に、なんでも買ってくれる知人の業者へ持ち込むのですが・・幽霊はOKでも、隣地の変人はお断り・・と言われます。そこの社長さんいわく、「生きてる人間のほうが怖い」との事です。(笑) ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.