ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
朝に始まり、昼に終わった話
○午前中・・会社へ着くと、「売り物件がでたよ。」という話が舞い込み、車で20分の場所なので見に行くことに・・。現地へ着くと・・かなりいい感じ・・接道状況が悪いので住宅1戸しか建たないけど、敷地が広いし駅にも近いので、買う業者に心当たりはありました。

金額も問題なし・・たぶんいける・・そう確信して帰社・・担当者が物元に電話して、詳しい話を聞くと・・「売主が売るのやめた」との事・・「昼飯でも食いに行くか」という話になり・・終わり。

○昼飯を食いながら、「何で売るのやめたのかな?」と聞くと、「物元業者の身内が売主で、その業者が・・だいたいこの位の金額が相場だから、それ位で買う人いないかな?・・とアチコチの業者に言いふらしたけど、そもそも売主本人はそんな金額では売りたくない・・って事らしい」だってさ。

バブルの頃が懐かしくなりましたよ。いいかげんで無責任な業者が売り物でもない物件をアチコチに持ちまわり・・みんなで不動産屋ゴッコ・・今ではそんなバカは少ないですが、アタマ悪そうなブローカーと付き合うと、年がら年中、そんな話に振り回されます。

何日も・・あるいは何週間も動いてから・・売り物じゃなかった・・なんて結末だと、ブチ切れますよね。ま、それに比べたら、朝に始まり、昼に終わる話なら、無駄な動きをしたとしても、たいした損ではありません。笑って諦めることができます。

でも、ちりも積もればなんとやらで、この30年間で、いったいどれだけの時間を無駄にしたのか?・・考えるのも恐ろしいですよ。(笑) そういえば昔・・マンション用地の情報が回ってきて・・上司の指示で現地を見に行ったら・・既に新築マンションが建ってました。(笑) 

そのマンションが建つ前の・・まだ更地だった頃に出回っていた古い情報(資料)だったわけです。そんな物件情報を、「物件はまだある」 「客がつけば交渉する」 「まずは値段出してよ」・・なんて言いふらしていたバカ連中・・今も何処かで生きているのかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.