ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
どーでもいい事
○ある不動産営業マンが、上司に誘われて寿司屋に行った時の出来事です。その営業マンがマグロの握りを食べた時、上司に、「オマエさぁ、ネタだけに醤油がつくように食べるもんだよ。まったく、寿司の食い方もしらないのかよ。」と言われました。

営業マンは、「へぇ、そうなんですか。ありがとうございます。」と言ったそうです。ま、これだけ聞けば、普通の話です。・・で、実は、その営業マンの父は有名な寿司屋に勤めていて、その営業マンは両親ともに寿司が握れる家で育ちました。

当然、その営業マンも、寿司の食い方くらいは知っているけど、とにかく醤油が好きで、何でも醤油をつけなければ気がすまない不健康なタイプなのです。・・で、寿司もネタに少し醤油をつけたくらいでは納得がいかず、寿司のシャリにまで醤油をつけたのです。

問題は、何が正しいか?何が間違っているか?・・という事ではないのです。上司と食事に行っているわけですから、仕事の延長ですよ。上司の言っている事に間違いはないし、上記のような言い訳も必要ないです。ただ素直に、その場の雰囲気に合わせて、受け流せば何の問題もないわけです。

ただ、私が上司の立場なら、何も言いませんけどね。たとえば、フランス料理を食べに行って、食事中に、ナイフとフォークの使い方だの、ワインの注ぎ方だの、うるさく言われたら、美味しい料理も不味く感じるのでは?

人に何かを教える時、相手を見下して悦に入るなら、教わる人から感謝される事はありません。方法、ルール、マナー・・何事も何らかの基準があり、正しいか間違いかの判別がされますが、その大半は、どーでもいい事です。

どーでもいい事を指摘して嫌われたら損では?嫌われる事が主たる目的で食事に行ったのなら目的達成ですが、そうでないなら、余計なことは言わぬ事です。見てみぬふりも、必要なマナーですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.