ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
雑談88
○古い中古住宅の売却相談を受けた時、「リフォームしたほうが売れやすいでしょうか?」と聞かれる事があります。そのような場合、私はリスクを説明します。建物の老朽化の程度にもよりますが・・そのまま使えそうな家・・手直ししたら使えそうな家・・

壊したほうがいい家・・いろいろあります。いずれにしても、一般消費者と契約になる事が前提なら、リフォームするのも有効です。しかし、そのリフォーム費用を売り出し価格に上乗せした価格で売れるとは限りません。また、リフォームして売り出した場合・・

そのリフォームの内容を購入者が好むとは限りません。自分の好みでリフォームしたいという希望のお客さんも多く、売り出し前のリフォームなどせず、そのままだったら売れた物件・・けっこうあります。また、売り出しても売れなかった場合・・最終的に土地値で建売用地として契約する場合・・土地値なわけですから、リフォーム費用は無駄になります。

仲介業者としては、リフォームをしても、売れずに値下げの繰り返し・・ってのも責任を感じますし、リフォームに関する責任やクレームもありえるので、余計な苦労が増えます。どちらかといえば【現状渡し】を勧めると思います。

でも、会社にリフォーム部門があると、上からの指示でリフォームを勧めるケースもあるのかな。リフォーム業者を紹介して紹介料を得たい場合もあるしね。(笑) 数百万の安い物件だと、仲介料よりも、リフォームの紹介料のほうが高かったりします。いいんだか、悪いんだか・・。

○師走ですね。今年もキツイ1年でした。来年もよろしくね・・って、まだ早いか。(笑) ま、10回くらいは更新しますよ。じゃね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.