ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
守秘義務
もう10年以上は昔の話です。会社で管理していたアパートの入居者についての問い合わせがありました。『妻を捜しているのです。』との事。入居者が内縁関係の2人だとは入居時の審査段階で知ってましたが、戸籍上の夫から逃げて来たとは知りませんでした。

どのような経緯で、アパートの管理会社を知ったのかは不明ですが、アパートの場所までは知らないようです。『お願いですから、教えて下さい』と頼まれましたが、契約者本人に連絡すると、『絶対に教えないで下さい。』との返答・・。

守秘義務・・・これは、どこまで守れば良いのか?警察になら教えて良いのか?いずれにしても教えなければ法的に問題はありませんので、教えませんでした。その後、夫が追ってきた事を知った契約者は、逃げるように引っ越してしまいました。良かったのか・・悪かったのか・・。

違う話ですが、刑事さんが来て『御社の管理する賃貸マンションに、手配中の結婚詐欺師が潜伏しているので協力して欲しい』と言われた事がありました。部屋に行って見ると、既に逃げた後でした。残念。

結婚するから不動産屋へ行く・・離婚するから部屋探しに行く・・駆け落ちするから不動産屋へ行く・・いろいろな理由があり、不動産屋に行くのですね。私の立場からすると「私のところへ来る」となります。

いろいろな人の人生劇場に、脇役として登場する仕事ですね。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.