ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
いつの日か
○不動産営業マンに共通していえる事は、いつの日か不動産営業マンではなくなる・・って事ですよ。当たり前すぎたかな。(笑) ま、あえて、そんな事を書く理由は・・それを認識していない者や、認識はしているけど対策を講じていない者が多いからです。

ま、普通は気がつきますよ。周囲を見渡せば分ると思います。職場に先輩がいるなら、何歳か?・・40代はいるか?・・50代はいるか?・・60代はいるか?・・いたとしても管理職であれば、【営業マン】の定義からは外れます。

・・で、話を戻すと、不動産営業マンも40代になると先が見えてきます。気がつけば年上の先輩達は消え去り、自分が消える順番が来るからです。チラシのポスティングも体力的に厳しくなるし、そもそも非効率すぎてアホらしくなります。

・・で、どうするか?現在の職場を辞めるなら・・また同業他社へ転職?・・独立開業?・・フルコミ?・・自らが進む方向を決めなければなりません。ラクをして、それなりの高額収入を得てきた事が仇になり、バイトや派遣等の安い賃金の仕事はできません。

・・で、どうするか?・・その【どうするか?】を、その時に決めるのではなく、30代後半くらいから考えるべきです。たとえ結論がでなくても、考えないより、考え続けたほうが良いですよ。行き当たりばったりで何とかなるのは若い時だけです。

年齢とは関係なく、ネット化により営業マンという職種は減ります。顧客は自分で欲しい情報をカンタンに入手できるし、第三者から強く勧められる行為を嫌います。顧客宅への訪問も、電話も、チラシ投函も、遅かれ早かれ迷惑行為として法令違反となるでしょう。

現在、あまり稼げていない者は将来を不安に思い、何らかの対策を考えると思いますが・・現在、それなりに稼いでいる者は、さほど真剣には考えず、「自分には無関係」程度の認識では?・・ま、いずれにしても、営業マンの大半が40代後半までに業界を去る運命です。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.