ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
新人の話
○ブログ経由でいただいたメールの何割かは新人君からの相談です。その新人君が相談をしてくる理由ですが・・上司や先輩が仕事を教えないか、新人君が質問できない状況にあるようです。【上司1人・部下1人】や【社長1人・社員1人】という職場で、上司に不動産の知識が無い・・なんてケースも少なくはありません。・・で、困り果てて私のところにメールが来るわけです。

○新築マンションの営業なら、プロジェクトリーダーだのマネージャーだのと、長ったらしい役職名の上司や先輩が必ずいるし、仕事内容がチームプレイなので、嫌でも仕事を教えてくれますが、不動産仲介業の場合、各営業マンがそれぞれ1人で活動しているので、上からの指示がない限り、自ら進んで新人の教育係を担当したがる者はいません。新人が先輩の雑用ばかり命じられるのは、そんな背景があるわけです。・・で、大半は辞めちゃいます。

ま、給料システムにも原因があります。固定給プラス歩合で、数字が上がらないと居場所を失う労働環境では・・新人の面倒なんかみる余裕が無い場合もあります。各営業マンが、自分の事だけで精一杯なわけです。・・では、誰が悪いのか?・・もちろん社長です。そもそも未経験者を雇用するって事は、仕事を教える事が前提です。未経験者に仕事を教えるシステムがないなら、最初から「経験者」を雇えば良いのです。

仕事を教えてもらえず辞めた新人も同業他社へ転職したりして、いつかはベテランになりますが、新人だった時期に粗末に扱われて辞めた思い出は消えません。10年でも20年でも、その会社に対して悪い感情を維持しつづけ、悪口、影口、批判を言い続けられますよ。新人を粗末に扱う会社は、いつの日か、思わぬ損をする可能性があるわけです。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.