ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
4月といえば
○大手系仲介会社において最もラクな気持ちでいられるのが4月です。3月末で燃え尽きた反動ともいえます。しかし、4月は解約の多い月でもあります。3月末までのノルマを達成するために、無理な契約をしたり、契約の白紙解約を先延ばしにした結果です。

わかりやすい例が・・ローン否決による白紙解約です。通常なら金融機関に住宅ローンの事前打診(相談)をして内諾を得てから契約するものですが、事前打診をせずに契約したり、また、契約済の案件で1月や2月にローン否決で解約確定なのに、売主と買主に「他の金融機関で再チャレンジします。」といいローン解約期限を延長して、3月末を超えてから解約するケース・・

これは99%、上司の指示で行うケースです。業績は3月末までの数字で計上して、新年度にマイナス計上するテクニックです。業界でいう「マイナス落としの先送り」です。そんな事をやっている会社が、「コンプライアンス」や「お客様第一主義」を語っても、ブラックジョークとしか思えません。

ちなみに・・私に自慢できる事はないですが、上記のような行為を1回もした事はありません。これだけは胸を張って言えます。上からの圧力とか全然へいきなタイプだし、嫌なら辞める選択もあるしね。無理な契約はしない主義です。・・ま、それで転職回数は増えたかも。自分の信念や主義を貫くと損もしますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.