ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
定義
○震災孤独死 定義変更で「0人」から「87人」に・・ってニュースを見て、(定義変更か~)と驚いたその日に・・「65歳からは高齢者なんてもうやめよう」 「現役世代の定義そのものから変えていく」・・ってニュースも見て、(メチャクチャだな・・)と思いましたよ。

たとえばの話・・少子高齢化を改善する方法→高齢者を減らす→「高齢者は100歳からです!」・・年金支給は100歳から!・・これで解決!・・って話でしょ?だったら、自殺者数も、「公正証書による自殺を宣言した遺書がある場合」にすれば自殺者0になりますよ。

交通事故死の死者数も、現在の「事故後24時間以内の死亡者数」から「事故後1時間以内の死亡者数」とすれば・・大幅に減りますよ。ま、現在でもイイカゲンな定義はたくさんありますけどね。失業者数のカウントも実態とはかけはなれているし、景気判断の数字も、都合の良い数字だけ拾ってるように思えます。

○そういえば、昔から思っていたのですが、不動産営業職の正社員って・・正社員の意味があるのかな? 3年程度で退職する流れの組織で正社員・・健康保険とか厚生年金に加入しているから正社員・・それなら地場業者で、健康保険とか厚生年金に未加入の会社って・・呼び名だけの正社員ですよね。「あなたは正社員です。」 「私は正社員です。」みたいな。(笑)

歩合給を稼ぐ営業マンにとって、歩合率は最も重視する項目ですが、歩合給の算定基準がコロコロ変わる会社もあるんですよ。しかも、会社に有利で、営業マンに不利な変更です。「はぁ?」 「なにそれ?」 「マジで?アホくさ!会社辞めるわ!」・・なんて騒ぎになります。社員の立場でも、信頼できない不動産会社・・けっこうありますよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.