ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
先々の話
○不動産営業マンにとって将来設計は重要です。20代で仕事を覚えて・・30代で稼いで・・40代は?・・50代まで続ける?・・60代は?・・70代は?・・その先は?・・マジでどうするつもりなのか?重要なことですよ。

昔なら・・定年まで働き、定年したら退職金で住宅ローンを完済して、年金で死ぬまで暮らす・・てコースの人が多かったけど、今はそんなの減ってるし、そもそも不動産営業は、今も昔も終身雇用なんか無関係です。

・・で、どうするのか?限界まで不動産営業マンを続けるか?・・その限界がきたら?・・独立開業するのか?・・5年以内に8割は潰れますよ。他になにか収入源はあるのか?・・いずれにしても生きていれば金はかかるし、金がなければ働き続けるしかありません。

大手系列会社の営業マンは、親会社のおかげで「大手」の雰囲気は味わえますが、定年まで勤められるのは生え抜きだけです。中途入社の営業職は3年程度で入れ替わる会社が多いですよ

・・で、どうするのか?営業マンだって結婚もすれば子供もつくるでしょう。生活コストは増え続けますよ。リストラされたら工場の派遣社員でもやる覚悟でも・・1日1万円を稼いでも1ヶ月25日働いて月収25万円・・年収300万円(税込)ですよ。

年収600万円欲しければ、1日2万円を稼ぐ必要があります。そんな仕事はなかなか無いです。不動産営業なら楽勝だった年収も、他の仕事で稼ぐのは大変です。必要な年収と、稼げる年収の差はどうするのか?それが解決できなければ破綻です。

稼げる時期に・・高いクルマを買ったり・・キャバクラへ行ったり・・趣味に浪費したり・・そんな営業マンは多いですが、普通のサラリーマンより贅沢するのではなく、普通のサラリーマンより倹約しなければならない立場と自覚すべきです。

普通のサラリーマンを軍人に例えると・・「正式な軍の隊員」で保障された立場です。ケガをすれば組織が面倒をみます。しかし、不動産仲介会社の営業マンは、危険な地域で難易度の高い仕事を請け負う「使い捨ての傭兵」です。雇われた段階で「死が前提」です。

同じワイシャツを着て、同じネクタイをしてみても・・普通のサラリーマンと不動産営業は種類が違うのです。ま、ある意味、死ねたら問題なしですが、その後も生き続けることが前提なら・・将来設計は必要です。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.