ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
3つのこと
○人生における重要なポイントは、「就職・結婚・家」の選択です。大昔は一つの仕事を生涯に渡り続けるのが常識で、結婚も一度が常識・・家は一生に一度の買物・・今はやり直しが可能な世の中ですが、重要である事は同じです。

そもそも、学生が卒業までに将来の仕事を決定するとか・・そんなの無理に決まってますよ。世の中の事をほとんど知らないわけで、当然の流れで間違います。選択を間違って当然と断言できます。そのような状況で選択した仕事を一生続けるなんて確率的に無理と言えます。

○結婚も同じですよ。20代や30代で相手を決めて・・その後、50~60年間、共に暮らすのは難易度が高いと言えます。若い時に結婚して、その後は冷めた関係だけど、社会的な責任に縛られて、消化試合のように諦めて死ぬまで一緒に過ごす制度や常識・・100年後に存在するとは思えません。しかし、今の時代の人は現状の制度を受け入れるしかありません。

○家は一生に一度の買物・・ではなくて、今は買い替え可の時代・・と言いますが、家は住宅ローンの問題があります。買い替える時期も審査をクリアできるのか?年齢を重ねるほどローンの審査は厳しくなります。ローンを払い終えた頃は死ぬ頃だしね。失敗してやり直せるとは限りません。

○不動産営業マンで、「不動産営業なんか、なって失敗した・・」という者も多いし、結婚で失敗したバツイチやバツ2も多いし、勢いで家を買い、ローンが払えず家を手放す者もします。手放したら2度と買えませんよ。

転職の多い不動産営業マンは、住宅ローンの審査に通る時期は限られています。良い時期を過ぎて、中高年になり、フルコミにでもなったら審査は完全にアウト。ま、激安ボロ家とか老朽化した数百万のマンションなら現金で買うチャンスは残されていますが。

仕事と結婚と家の購入の3つ全てで失敗する者もいますが、それは、その3つが連動しているからです。仕事が上手くいかず、稼げなければ夫婦仲も悪くなり、その結果、離婚すれば家を手放す・・という悪循環です。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.