ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
遠方の貸主
○アパート等の借主が夜逃げしたり行方不明になるケースはありえるし、そのような場合は、連帯保証人とか緊急連絡先等に連絡して対応しますよね。・・で貸主は?貸主に対しては審査なんかしないし、自宅と携帯くらいしか聞いてなかったりしますよね。

貸主と連絡がつかないこと・・あるんですよ。しかも数ヶ月も。物件は管理する都合上、物件の近くの不動産屋が管理するものですが、貸主が近くにいるとは限りません。遠方に住む貸主だっていくらでもいます。むしろ、遠方で自分には管理できないから物件の地元の不動産屋に委託するわけです。

・・で、自宅の電話も留守電・・携帯電話にもでない・・留守電に伝言を残しても連絡がこない・・着信履歴で折り返しもかかってこない・・親戚等の緊急連絡先も聞いていない・・困りますね。貸主の承諾を得ず、無断で更新契約もできないし、空室のリフォームや入居者募集も難しくなります。

そんな時は、「本人限定受取」で手紙を出す方法があります。しかし、留守で受け取り手続きがされず戻ってきてしまったら・・無視される理由が無ければ・・一人暮らしで入院か・・死亡か・・のどちらかですね。死亡のケースでも、普通は身内が連絡してくるものですが、身内がいない場合もあります。

教訓としては・・遠方に住む貸主に対しては、自宅と携帯以外に、何かあった時のための【緊急連絡先】を1つか2つ聞いておくべきですね。そうすれば、そんな苦労はしなくて済みます。ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.