ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
2つの目
○目が2つあること・・当たり前のことなんですが、2つあることの効果は素晴らしいといえます。目は1つでも見えますが、2つあることで遠近感があり、奥行きや距離を知ることができます。

不動産仲介営業マンを長く続けてきましたが、その経験による感覚では、手数料100万円以下は安い・・数百万ならデカイ・・賃貸の数万円は安い・・引越し業者の紹介料・数千円はゴミ・・そんな感覚になります。それが都心の不動産仲介営業マンの感覚では?

私は副業を始めてから、数百円の利益や数千円の利益の積み重ねのキツさを知りました。1個1,000円の品を売って数百円を儲けるのも楽ではありません。(不動産業なら数百円なんてゴミ扱いだな・・)とか、ついつい比較してしまいます。

しかし、一般社会では、不動産取引みたいに1つの取引で数百万の収入とか・・ありえません。数万円でも大きい収入です。そんな普通の感覚と、不動産営業マンの感覚・・その両方の感覚を兼ね備えることで、正常な感覚を維持できると思います。

不動産一筋だと、自覚なきズレが生じる弊害があるって事です。一般的な金銭感覚と不動産業の金銭感覚・・その両方の目を有するには、不動産以外の商売も並行するしかありません。

かったるくて、数百円、数千円のためには動けない・・それはメリットなのか?デメリットなのか?・・若くて、ガンガン稼げる時期なら問題なくても、やがて厳しい時期がきた時、「私は大きなビジネスしかできません。」ってスタンスが通用するのか?・・

中高年になったら、職安へ行き、「自分は最低でも年収800万円は必要です。できれば1000万円超の条件でお願いします。」・・と言ってみると良いですよ。その根拠が、1取引における大きな利益を前提としているなら・・仕事ないかもね。(笑) ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.