ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
いじょう
○たとえばの話・・アパートを管理しているとして、アパートの1階の住人から、「上の部屋(2階)の住人が夜に騒いでウルサイ」という苦情を受けた時・・どう思うでしょうか?ま、素直に受け取れば、「上の住人が騒いでいるなら注意しよう」と思いますよね。

・・で、真相は、下の住人が心の病だったりします。被害妄想です。

○アパートの1階が貸主の住居で、2階がアパート数世帯のケースで、貸主から、「借主の態度が悪く、素行も悪いので怖い!」と苦情・・これも、貸主が心の病だったケースです。被害妄想です。

○高齢者(とくに女性)が、「部屋で財布を盗まれた!」 「誰かに覗かれている!」等の苦情は・・50%以上の確率で本人の問題で第三者には無関係です。警察呼んだりして大騒ぎの末・・そんな結論に至ります。・・犯人扱いをされた住人はブチ切れます。(笑)

○ボロアパートばかり管理していると、そんな騒ぎは日常茶飯事で、どんな苦情でも驚きませんが・・世にも不思議な苦情もあります。・・というより、不動産屋への苦情の枠を超えたレベルです。

知人の社長さんのところには、あるアパートの貸主から頻繁に定期報告書が送られてきます。貸主に「送る」ではなく、貸主から送られてくるのです。

社長さんは、その手紙をブツブツと読みながら、「何?〈2度とあのスーパーには買物に行きません!〉・・て、ウチに何の関係が・・な、なに?〈最後になりますが、この話は全て忘れてください。〉って・・そう思ったら出すなよ!何で送ってくんだよ!そもそもウチで管理してない物件の貸主なのに・・。」とボヤいてます。(笑) 

○もうすぐ夏が来ます。そろそろ楠梨 麻吸美(仮名)が懲役から帰ってきます。頼まれると断れない社長さんは、また部屋を貸すような気がします。もしも、また貸したら・・バイオレンスハイツの続編が書けます。(笑) 

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.