ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
ショートストーリー 自業自得
○その男の職業は不動産仲介営業・・強引な営業手法により常にトップクラスの業績だ。今朝も、昔に取引した既存客から売却相談の電話があり、訪問することになった。(今月もトップだな・・)等と独り言をいいながら、その顧客との取引を思い出した。

(たしか3年前だ・・そうそう、古い中古住宅で、頭金なしのフルローン・・諸費用も、リフォーム費用も上乗せして35年ローンだったな。元利均等で3年経過じゃ、残債はほとんど残っているはず・・ローンが払えなくなったパターンかな。客の自業自得だけど、俺の客はそのパターンが多いな。)

現地に到着して、その家を見ると・・取引した当時より薄暗い感じがした。雨戸も閉まっているし、草も生え放題・・とりあえずインターホンを押すと、玄関ドアが少し開き、ご主人の顔が見えた。「どうぞ。」とのこと・・男は「お邪魔します。」と言い、中へ入った。

リビングルームで・・ご主人は熱いコーヒーを出してくれた。男は、「いただきます。」と言い、少し飲んでからカップを置き、「ご家族の方は外出されているのですか?」と聞いたが・・ご主人はその質問に答えず・・

「あれからいろいろありましてね・・この家を購入してすぐに失業しまして・・家内もパートで働き始めたのですが、月々のローンの支払いが厳しくて・・なぜ?こんな古い物件なのに、これほど高い支払いなのか?家内と話す度に口論になりましてね・・」

男は、(なんか嫌な雰囲気になってきたな・・嫌味か・・自己責任なのによ・・自業自得だろうが・・)と思いながら聞いていたが、だんだん眠くなってきた。(まずい・・まずいぞ・・眠い・・) ご主人の話を聞いている最中に寝てしまった。

ご主人は、男が眠ったのを知りつつ、話し続けた。「あれからね・・私も不動産取引について勉強したんですよ。諸費用やリフォーム費用まで上乗せして限界まで借りたら・・支払いが高いのは当然ですよね。でも、不動産屋は、売れたら勝ちで、その後、どうなろうが知ったこっちゃないって事ですよね。

数字を上げることばかり考えている貴方に期待しても無理だったとは思いますが、できればね・・〈この金額は後々キツイですよ!〉とか、〈予算を下げて探しましょう!〉とか、適切な助言が欲しかったですよ。今さら遅いけどね。」ご主人は立ち上がり、睡眠薬入りのコーヒーを飲んで眠っている男の手足を縛りながら話し続けた。

「家族は外出などしてませんよ。今もいます。・・床下にね。この家の事で喧嘩する日々にうんざりして殺しましたよ。でも、妻子だけ殺すのは不公平ですよ。だって、この不幸の責任は貴方にもあるから。私も自業自得だけど、貴方もだよ。」・・ そう言い終えると、鋸を握り・・縛られて眠っている男の首を切断した。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.