ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
不動産ブローカー
○最近、ブログ経由でお会いした業者さんと業界の話(世間話)をしている時に、「そういえば、不動産ブローカーの人って、会ったこと無いんですよ。」といわれました。それを思い出したのでブログ更新のネタにします。

私のブログでは定期的に出てくる話だし、実在しますが、そもそも不動産ブローカーは、日本では正式な職業の呼称では無いし、資格でもありません。誤解を恐れずにいえば業界の隠語です。どちらかといえば不名誉な印象さえあります。

「あなたは宅建士ですか?」 「はい宅建士」です。・・これは失礼ではない会話ですよね。でも、「あなたは不動産ブローカーですか?」 「なに?ふざけんな!」・・なんて言われそうなかんじかな。

基本的に、宅建業者の代表者、もしくは正社員が「不動産ブローカー」と呼ばれるケースは少ないです。ま、よくあるケースでは、名刺には「○△商事」と記載してあるが、免許番号等の記載がない・・商談がまとまると、「仲介印は知人の社長が押します。」とか、なんかよくわかんない背景・・

「フルコミ」と似ていますが違いますよ。フルコミは固定給がない立場で、出社義務もなかったりしますが、成約した際の取り分(成功報酬)の取り決めはあり、書面化されているケースも多く、いわゆる固定給の無い請負型の従業者です。だからその宅建業者(会社)の名刺だけは持っているし、社員と同様に、その会社の従業者を名乗り仕事をしています。社外の人間には、その人物が「正社員」と見えます。

ブローカーの場合は、いつもは「業者の社長さん」みたいな態度ですが、商談が決まると、知人の宅建業者を頼り、「商談が決まったから仲に入ってくれ。(仲介業者として仲介印を押してよ。)報酬は○割払うから。」みたいなイメージで、いつもは出入り業者なのに、その商談の時だけ限定でフルコミになるイメージかな。その時だけだから、その仲介会社名の自分の名刺はもっていません。(持っていたらフルコミに近いブローカー)

逆に、怪しいブローカーっぽい人でも、お金を儲けて不動産会社を設立して正規の宅建業者となった場合、怪しいブローカーの雰囲気でも、「不動産屋」です。ま、カンタンにいえば、不動産ブローカーは、「宅建関係の立場が不明で、相手の不安を与える不動産業者っぽい人物」かな。(笑)

ファッションで判別することも可能です。正社員って、紺とかグレーのスーツ(上下同じ)で、サラリーマンぽいですが、上着がジャケットだったり、ノーネクタイだったり、少し崩れたかんじが多いです。社員→フルコミ→ブローカー・・て流れの人もいますが、その流れで、だんだん崩れていくというか、だらしないかんじに変化します。

私の周辺では、ブローカーは60代以上です。そもそも年齢的に「正社員」とか無理だし、「フルコミ」で従業者として日々働くのも体力的にキツイでしょう。そう考えると、不動産営業マンが・・社員→フルコミ→ブローカー・・の流れは自然な進化(退化)のかもしれませんね。あなたも10年はフルコミで20年後はブローカーかもよ。(笑) ま、ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.