ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
棲み分け
○相続税対策でアパートを建てる人が増え、空室が多い地域でもアパートの新築が増えています。当然の流れで需要と供給のバランスは変化し、供給過多による影響は避けられません。

しかし・・新築が増えれば、古い物件の空きが増える・・とも言い切れないんですよね。たとえば・・新築を扱わない地場業者って、少なくないんですよ。扱わない理由?・・客層が原因です。「貧困・低所得層の高齢者」のお客しか来ないので、安い物件にシフトしているわけです。

新築物件って・・大手ハウスメーカーのアパート建築部門が建てるケースが大半で、完成後は関連会社が管理する流れです。レインズ等で業者に紹介もしますが、家賃保証会社の審査が条件となります。貧困・低所得者は借りられないって事です。最近では、生活保護の受給者も審査を通る傾向がありますが、新築となるとオーナーが嫌がるでしょうね。

だから、「貧困・低所得層の高齢者」専門の地場業者は新築を除外します。ま、棲み分けというか・・別世界というか・・「貧困・低所得層の高齢者」専門の業者には、エリア内に新築物件がどれだけ増えても無関係・影響無しなのです。ま、ある意味、リスク回避になってるのかな。(笑)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.