ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
敷延の幅員とか、そんな話
○竹藪へ行き、1本の竹の前に立ち、その竹を日本刀で「ウリャー!」と斜めに斬ったとします。切り口は斜めですよね。・・で、その竹の太さ(直径)が10cmとして、楕円形の切り口の広いほうで長さを測り、20cmでも、直径は10cmですよね。

○土地って、基本的には道路に2Mは接していないと建築できないですよね。道路に面する部分が路地状敷地(敷地延長/敷延)の場合は、間口だけでなく、敷延の部分の全ての幅が2Mを確保していないとダメですよね。ま、法的には下記のとおりと認識しています。

○建築基準法により・・・
都市計画区域内の敷地に建物を建築する場合、その敷地は建築基準法上の道路に原則として2m以上接していなければなならい。
↓↓↓↓

○都道府県の条例(建築安全条例・建築条例等)で・・
例・・路地状部分を含んだ敷地の接道義務について・・敷地の路地状部分の幅員は、路地状部分の長さに応じて、以下の表に掲げる幅員以上としなければならない・・2M以上・・3M以上・・
↓↓↓↓

○路地状部分の幅員とは?・・・
例・・路地状部分が接道義務を満たすためには、そのすべての箇所において幅が2m以上なければならない。
↓↓↓↓

○路地状部分の幅員の測り方
路地状敷地部分の幅員は、「路地状部分(仮想境界線)の中心線に直交する最小の長さ」・・・最も狭い部分で、通路の中心線に直角(90度)の角度で幅員を測る。

・・という事で、間口が2m以上であっても、路地状敷地部分で2m未満の部分がある場合には、条例の接道義務を満たしたことにならず、建築許可が下りない。・・ってわけです。

○いわゆる旗竿地の敷地延長部分(路地状敷地・通路部分)が直線で太さ(幅)はどこで測っても同じである事を前提として・・路地状敷地が道路に対して斜めに接していたら、路地状敷地部分の幅は間口より狭く、間口が2Mなら、敷延の幅員は2M未満である・・と考えられます。現地で何も考えず測り、「2Mあった!セーフ!」と判断してはダメ!って話です。

大袈裟にわかりやすく斜めに接していれば新人でもわかりますが、微妙な角度だと目視ではわかりません。目視でだいたい直角に接していて、間口が2M50cmとか、余裕がある場合はいいですが、ギリギリ2Mの場合は、道路に接する敷延の角度が少しでも斜めなら2M未満でアウトです。そのレベルでは測量士に依頼しないと危険ですよ。ご用心。

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.