ブログ版/不動産業界の歩き方
「不動産業界の歩き方」管理人によるブログ版の業界解説書。不動産仲介業の現状と動向を解説します。不動産業界への就職や転職を目指す方、新人の方、必見の不動産ブログ!

フルコミッションの不動産仲介営業職を募集!
宅建物語
○ずいぶん前になりますが、ある不動産会社にいた2人の営業マンの話です。その2人は、見た目の印象も過去の経歴も、何もかも対照的でした。ま、カンタンにいえば、ワルとエリート・・本人から聞いた話により詳細を説明すると・・

T氏・・成績優秀で、一流大学卒。上場会社に就職後、何かの間違いで退職後、不動産会社に迷い込んだ者。品もあり、知性もあり、アタマもいい。育ちもいい。顔もいい。

A氏・・基本的にワル・・育ちも悪く、ヤバい不動産会社に長くいた経緯もあり、道徳観や倫理観、品性に欠ける。裏社会に詳しい。犯歴は不明。粗暴な雰囲気。

・・で、ある日のこと、2人は、こんな会話をしていました。

先輩 「宅建の試験に落ちたくらいで、そんなに落ち込むなよ。」
後輩 「・・ショックです。先輩も、みんなも宅建もっているのに。」

先輩 「ま、勉強は得意・不得意もあるし、仕事の能力は別だよ。」
後輩 「・・なんと言っていいか・・本当に悔しいです。」

先輩 「去年も落ちたし、オマエには無理。諦めたほうがいいよ。」
後輩 「・・屈辱です。・・来年は必ず受かります。」

先輩 「べつに勉強ができない事を恥じる必要はないんだよ。」
後輩 「・・・・。」

・・こんな会話でした。何処の不動産会社でも、宅建の試験が終わると、喜んだり、落ち込んだり・・大騒ぎです。いずれにしても、努力した者が受かり、努力できなかった者が落ちます。・・で、努力不足で不合格だった後輩は・・T氏です。(翌年は受かりました。)

大手企業の求人に直接応募するならDODA
copyright © 2005 ブログ版/不動産業界の歩き方 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.